スポンサーリンク

忙しい男のごほうび発想

JUGEMテーマ:恋愛/結婚

シリーズ、「忙しい男」(笑)です。
忙しい時の男子の心理は、何度も書いて来てますが、
こっちの心持として、どういう気分でいりゃいいのか。
最近、ふと思いついたので、その話。
忙しい男の「いましめ」発想については以前書きました。
つまり、忙しいと、自分に対する「いましめ」として、
彼女に連絡したり、恋愛っぽいことをすることを禁止することで、
仕事への集中力を高めようとする忙しいならではのトンデモ発想のこと。
「今はこんなことしてる場合じゃない」
「彼女の機嫌をとることに時間を割いてる場合じゃない」
「恋愛なんかしてる余裕はない」
これって、だけど、
全員が全員そう思うわけではない。
では誰が思うのか?
彼女=重荷
となってしまってるカップルの、男が思う。
(逆に、彼氏=重荷の女のほう、もそう)(;´Д`)
ようするに、
付き合い当初から、マメにメールをやり取りしてて、
それを暗に強要されてるような。
いわゆる密度の濃い、何でもかんでもいっしょがいい、
恋愛っぽい関係でいたい!
そういう付き合いをしてきたカップルほど、
そう思うんだと思います。
別に、付き合い始めから、
出力をセーブして、
そんなに日常生活に負担をかけてない場合、
忙しいからって、いきなり彼女を断とうとかは思わない。
すなわち。
忙しくなって、
切られるような女性というのは、
切りたくなるような付き合いを望むのが原因で。
いつもいっしょにいて欲しい。
話を聞いて欲しい。
何かあったら飛んで来て欲しい。
休みの日はいっしょにいて欲しい。
記念日には飛び切りのサービスをして欲しい。
そして、
毎日朝から晩までメールで愛を確認させて欲しい。
そういう付き合いをこっちが望むことが、
すでに、
男性にスッパリ切られる原因なのです。
ようは、多くを望むから、ひとつも手に入らない、というヤツです。
そうではなく、
最初から多くを望まない。
他の人が100もらってるからって、
自分も同じように100、と思うからつらい。
70でいいやって最初からあきらめていれば、0にはならない。
でもたとえばね、
土日出勤の彼氏の場合、
土日に会おうとするのは無理なわけです。不可能なんです。
それが100に比べたら80だといわれても、
そりゃそうなんです。
そんな80な人でもいいと思ってるから付き合ってるわけで。
それを、無理難題で「土日私のために仕事を休んで」と言います?
言わないよね。
最初からあきらめてれば、
土日会えないことはなんの苦痛にもなりません。
だからそれが原因ですべてを失うことはない。
私が思うに、
最初に期待をしすぎるから、
多くをもっともっとと望むから、
男性はそれに応え切れなくなって、すべてを切り落とすんです。
そうなれば、ゼロです。
なにも残りません。
それよりは、今ある条件の中で、
よりうまくやっていく方法を考えたほうが得策だと思うのです。
で、重荷だと思われる彼女は敬遠されます。
それは確かです。
いくら時間ができても、会うのが億劫なのです。
恨みがましく、会ってない間の不満や不安をぶつけられたら、
少ないデートの時間を持つことさえもウンザリします。
それよりは、どんな彼女なら会いたいか。
それは、「ごほうび」みたいな彼女なんじゃないかな。
私自身、忙しい時に、会えない彼氏を想像するとき、
完全に発想は、「ごほうび」です。(爆)
あと少しがんばったら、
ここまでノルマが終わったら、
一区切りついて休みが取れたら、
彼に会える。
よーし!それを楽しみにがんばるぞ!!!!
それまでは彼を我慢するぞ。
そういう発想です。(;´Д`)
それを向こうにも思ってもらえばいいんですよね。
「あと少しで彼女に会える」
「会えばきっと楽しくて、癒されて、元気がもらえる」
「それまで、恋愛モードは我慢してがんばるぞ!」
ってね。
で、「ごほうび」であるこっちの心構えとしては、
「彼は今頃そう思ってがんばってるんだろうな~」
「それまでは邪魔しちゃいけないな」
と、想像しながらすごしてればいい。
しかも、ごほうびである自分が、ごほうびに見えなきゃ困るので、
会えない間は、自分をぴかぴかに磨いておく。
会ったらビックリさせられるように。
会ったらうっとりさせられるように。
それから、いっぱいいっぱい話題を用意して。
おいしいお店をリサーチして、とか
彼の好きなものをつくれるようになって。
そして、大事なのは、
ごほうびは、あまり小出しにしちゃだめってことで。
つまりは、会えるまではそんなにごほうび大放出しちゃ価値も薄れるでしょ。
毎日毎日メールで、電話で、
「がんばって」「今日もおつかれ」と
優しい言葉を浴びせていると、
悪いけどその価値も下がります。
優しい言葉も、かけすぎれば当たり前になります。
そうではなくて、
「やさしい言葉も、ねぎらいの態度も、会ったとき限定!」
くらいの希少価値を持たせたほうが良くて。
それでこそ向こうも、「会いたい」って思ってくれるわけだし、
何が何でも会いに行こうとするわけです。
それでこそごほうび。
たとえばさ、
何かいいことがあると、ごほうびで食事に行くじゃない?
そういうときに、
普段行ってる店には行かんでしょ。
行くなら、特別なところ。普段は行かないところ。
ごほうびはいつでも、特別でなきゃいけません。
忙しい男にとっては、
彼女に会うのも、そういうこと。
ようやく時間ができた。
さぁ、誰と会う?
そりゃ、彼女だ。
だって、会えば特別うれしいもの。
そういう発想をしてもらうためにも、
普段からまとわりついて、
いつでもいる日常の風景に成り下がってはいけません。
会えば、うれしい。
心が躍る。
そういう存在でいる。
ごほうびでい続ける。
それが男のモチベーションを高め、
結果的には仕事もうまく行かせることができるし、
ふたりでいればプラスが多い状態になるんです。
何かで読んだんだけど、
男は、女のために何かを成し遂げるのが好きなんです。
目標に定めて、
それに向かってがんばるのは、
女が「すごいね~」って言って感謝してくれるからなんです。
その笑顔を想像しては、もくもくとがんばれるんです。
だから、男を伸ばす女というのは、
男に目標を持たせることができる女なんだって。
たとえば、具体的に「ここをこうしたら?」と仕事のアドバイスをする女よりは、
「いつか大きなうちに住みたいわ」とか、「この宝石が欲しいなぁ」って言う。
そういうほうが男は、夢をかなえてやろうとがんばるんだって。
(伸びる素養のある男はってことだと思うけど)(;´Д`)
そういうことを上手に目標に掲げてがんばらせる、
その気にさせることができる女が、
最終的には男を伸ばすことができるんだとか。
なるほどね~、と思う。
こっちからしてみると強欲な女?とも思いかねないけど、
案外男性は、
そういう分かりやすい目標をかなえるって考えたほうがいいのかも。
もちろん、小さなことでもかなえてくれたら大げさに喜ぶ。
これがまた男性のやる気を奮い立たせるわけで。
そういう繰り返しをやっていけるのが、いい女ってことですね。
何でもかんでも手取り足取りの女は、軽んじられ、
むしろ、「あれが欲しい!」って甘えられる女が結果的には男を伸ばす。
なんとも皮肉ではありませんか。(笑)
私は、やっぱり、
自分とつきあってからは仕事がんばれる、とか、
やる気が湧くようになった、とか
そういう風に言われる女になりたいね。
付き合ったら仕事のペースが落ちた、とか、
仕事する時間が減ったせいで成績落ちた、とか、
そういう女にはなりたくない。
だから、大事なのは、
会えない間、彼の愛をうたぐってもんもんと過ごすんではなく、
会えない間は、かまいすぎないようにしながら次のデートのために努力して。
会ったときはとっておきな彼女でいる。
そして、彼が会える日を、心待ちにするように、
ごほうびな彼女でいる。
そういう発想で過ごす。
そういうことだと思う。
発想は大事ですよ。
気持ちの持ち方一つで、現れ方は全然ちがいますからね。
発想さえ変えられれば、
今まで苦しかったことも愉快になってくる。
会えない間、「連絡を我慢する」だったのが、
「次会う日までごほうびだからとっておく」ってことになる。
自分は彼のごほうびなんだって思えば、
会える日まで出しちゃだめって分かるでしょ?
だってそれを楽しみに彼はがんばってるんだから。
誕生日のサプライズプレゼントを
10日も前に見せちゃうようなもの。(;´Д`)
忙しい男はある意味、簡単です。
会えた時だけに集中すればいいんです。
それ以外は、ほっといていいし、忘れててもいい。
手もかからなくていいですね。
忙しい男対策の発想法、
「いましめ発想」の対になる、「ごほうび発想」。
ぜひ考えてみてくださいね。
今、彼のごほうびでいられてますか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. きらら より:

    はじめまして。
    いつも勉強させていただいております。
    今日の記事を読ませていただいて、
    まさに私、重荷になっちゃってたんだろうなって今になって反省しています。
    もう遅すぎなんですけどね(;;)
    彼はとっても忙しく、付き合いを申し込まれた時も、「忙しいけど、付き合って」
    と言われて、実際付き合って会うこともままならなくて…それでも最初は彼の方が逢いたいから、ということで週一くらいでなんとか会ってたのですが、かなり無理していたようです。
    メールも電話もほぼ毎日彼からあり、私は、忙しいっていってもなんとかなるじゃん、と彼の優しさに甘えてしまいました。
    急な仕事で逢えなくなるのが続いてくると、
    怒りはしませんでしたが、残念がってしまいました。逢いたいと言うのも、逢う約束もいつも彼からだったのですが、自分で約束しておきながら結局逢えない、ということが続き、私との付き合いに疲れてしまったようです。
    メールも何日かあくようになり、ある時から
    ぱったりメールも電話も突然なくなりました。。。
    こちらからメールしても電話しても返信はなく、年が明けてからは月一くらいでメールをしていましたが、連絡がないのでもう終わったんだな、と今では私の気持ちも区切りがつきました。
    もっと上手に付き合えたら、、、と落ち込んだ時もありましたが、過去にとらわれすぎても進めないので、これから出逢う未来の彼氏に反省を生かそうと思います。

  2. はな より:

    部長さん、こんにちわ。
    いつもタイムリーで説得力たっぷりのブログに反省しながら読ませていただいてます。
    私は今すごく好きな人がいます。
    彼とは会って4ヶ月くらいで、最初は彼からアタックしてくれてたのですが、晩御飯食べに行ったりドライブデートしたりしてるうちに私も彼に惹かれていきました。
    で、そこまではよかったのですが、私の気持ちを彼に伝えた途端、彼から連絡がこなくなってしまったのです。
    理由は分かってて、彼はまだグレーな関係でいたかったのにそれを私が白黒付けたいと追い詰めてしまったからです。
    連絡が来ない今となっては、私もどうしたらいいか分からないのですが、このままフェイドアウトはしたくないです。
    むしろ、もう一度チャンスをもらえたら次こそガッツリ彼のハートを掴める自信があります。
    こんな時、部長さんならどうしますか?
    本当に今苦しいです。

  3. バジル より:

    恋愛部長さん、こんばんは☆
    留学の手続、おつかれさまでした。
    実り多い留学生活となるようお祈り申し上げます!
    ず~~っと音信不通状態だったカレから、昨晩電話がありました。
    一週間前の電話に対してのコールバックでした。
    電話をもらってて返さなかったことを悪かったと言ってましたが、素直に受け入れられず、これから会いたいって言うカレにチクチクした言葉を返してしまいました。
    拗ねているのを察知したのか、俺が悪かったから今日はやっぱり会うのやめようと言われたので、会おうと言いましたが結局ゴメンと言われてしまいました…
    ダメですね~
    また会いたいとは思えない相手になってしまったと思います…
    ほとんど連絡のないカレと今後どう付き合っていったらいいのかわかりません…
    また傷つけてしまったかもデス…(∋_∈)

  4. 恋愛部長 より:

    >きららさん
    そうですかー・・・
    典型的な忙しい男が、仕事の状況の変化で恋愛を重荷に感じて禁じてしまったケースですね。(;´Д`)それはもうしょうがないですね。決してきららさんが嫌いになったわけではなく、単純に、恋愛モードになるのが嫌になったのでしょう。これをいい勉強に、次に生かせればいいですね。今度こそ、きっと忙しい男とはうまくいくはずですよ!

  5. 恋愛部長 より:

    >はなさん
    お返事遅くなってすみません。
    う~む・・・
    気持ちを打ち明けてしまったとたんに彼が疎遠に・・となると、案外逆転するのは難しいかもしれないですが。私だったら、まず、彼に、「あきらめる」宣言を早々としちゃうかな。そうすることで、彼の中の優位を消す。
    たとえば、「こないだはいきなり早まってへんなこと言ってごめん。○○君が私を好きなんじゃないかなってちょっぴりうぬぼれてたみたい。ごめんね。でも○○君にはその気がなかったってのがよく分かったし、私も気が済みました。今までありがとね。」
    要は脈なしならさくっと引くよ?って態度で臨みます。それでも追いかけてこないならそこまでにします。
    でも少しでも何か反応があるなら、そこから仕切りなおしに持ち込むな。
    まずはそんな感じで相手の反応を見てみるのはどうでしょう?最後の賭けに出てみるってことで。

  6. 恋愛部長 より:

    >バジルさん
    うーん、
    お互いさまになりつつあるかな。
    やっぱり、こちらの中に恨みや苦しみの感情があると、それは相手にも出てしまうものです。いくら我慢しようとしても、いつか出てきます。そういうものですよ。つまり、これ以上バジルさんは、彼に対して期待したり、恨みに思ったり苦しんだり、しないほうがいいと思う。
    もういないものと割り切ってしまったほうが、案外彼に対してフラットでいられます。自分のものだと思うから苦しいのです。もう他人なんだと切り捨ててしまったほうが楽になれます。
    ぐちゃぐちゃになってしまった運命の糸は一度解いてシンプルにしないとね。
    そうすればまた本当に大事なものが何かわかるかもしれないですよ。

  7. バジル より:

    恋愛部長さん、こんばんは☆
    お返事、ありがとうございます。
    そうですね、おっしゃるとおり居なくなったモノとして、一旦本気で離れてみようかと思います。
    どこかでこうしなきゃって思いつつ、実行できない自分がいたので、ちょうど今なら自分でもできそうな気がします。
    振り返ってみると、いつもHのことで機嫌悪くさせたりしてたなぁ…って思います。
    この機会に手放しできるようにがんばってみます。
    いつも本当にありがとうございます!

  8. きめ より:

    大変、参考になりました(*^_^*)
    Blog横のAMAZONのページから、
    本を買いました(*^^)v楽しみに
    して、読ませて頂きます(*^^)v

  9. 匿名 より:

    はじめまして。
    取り急ぎお礼を申し上げます。
    部長のブログのおかげで開眼した者の一人です。
    私にも考えられないほど忙しい自営業の彼がいます。
    連絡が無くなった事などからこちらのブログに到着し、自分のトラウマだった事まで解放されました。
    それは、私は10代の頃から多忙極まりない仕事についておりまして20代で独立、その他数々の仕事をかけ持って参りました。
    そのころ彼氏という存在はおりましたが、必ずと言っていいほど今でいうストーカーという存在に変貌し、家の前で待ち伏せされたり、どこにいる・なにしてる・何で電話をよこさない・・・等の質問攻めを受け、私から別れをつげておりました。
    付き合いは2年や5年と続いた事もあったのですが、それは今思えば相手の方がストーカーという形でだとしても私へのコミニケーションを絶やさなかったからだと思います。
    ですがその頃の私にとって仕事が自分の中心にあり頭の中に彼の存在が殆どなく、連絡が来れば思い出し、好きという気持ちもようやく同時に思いだされるような状態でした。
    そういう状態の中で彼からの思いを束縛と感じ、自分を奪われてしまうような妄想にかられ「ふっ」と別れたいという感情になり、そこまで嫌いでもないのに終わりを告げて参りました。
    今の忙しい彼と出会うまで、男の人に惚れられると「怖い」というイメージが植え付けられ(生意気ですが・・・)、出会いがあってもわざと男ぶっている自分がおりました。
    ですが、私の仕事も落ち着いて時間も自由に組むことができる今、新しくできた超多忙の彼との時間の感覚のずれを感じるようになりました。
    恥ずかしながらいい年をして、今までの生活状況から恋愛に関してはずぶの素人でございまして・・・混迷した揚句こちらのページにたどり着きました。
    連絡のないことや、メールの返事が少ない事等に対して「ホントは私の事をそこまで好きではないのではないか・・・」「適当な存在なのか・・・」「もう飽きてしまったのか・・・」などと不安な気持ちになり、今になって「人を思う気持ち」の大切さに気付かされ、過去の自分の態度を反省している日々でございます。
    ただ、今の寂しい気持ちや感情は、過去わたしが忙殺されていた時期の彼氏への態度や思いやりのなさ、そして一人の人間からいただいていた愛情に対してストーカー呼ばわりしていた最低な自分に気がつかせていただけた「感謝すべき感情」なのだと痛感しております。
    ですから、みなさまがお悩みになられている寂しさやジレンマは、恐らく当の本人(忙しい彼)にとっては全く悪気はないのだと思います。
    ただ、「人からの愛」という人生の根柢にある大切なものに気がつくまでは彼の環境や心情は変わらないように思えてしまいます。
    過去の自分の経験から、彼の忙しい毎日を想像すると連絡をすることができず、メールもできなくなってしまいました。
    私からの連絡を絶って今日で2週間連絡がありません。このままあと2週間だけ待とうと決めています・・・。
    2週間たって連絡がなければこちらからメールを送り、今の仕事の状況と今後この付き合いを続けて行くのかを伺おうと思っております。
    とにもかくにも、部長のブログに出会えたおかげで私自身の成長になった事は間違えありません。本当にありがとうございます。
    部長様、どうぞご自愛くださいませ。
    ありがとうございます。