スポンサーリンク

何が合うとうまく行くか

お久しぶりです。

やっとこさ、仕事がひと段落したので、久しぶりにブログを更新しますー。

(なかなか更新できなくてすみません。。)

最近ふと思ったことなんですが。

結婚してうまくいくかどうかって、二人の基本的な倫理ポイントの合致度にかかってるなーと。

たとえば、小さなことで言うと、「遅刻しても大丈夫か、大丈夫じゃないか?」とかさ。

うちは、遅刻できない夫婦なので、二人とも、よその家族と約束してたら、

わーわー大騒ぎしながら、時間より前に着くよう準備する。

でもこれ、二人のうちどっちかが、遅刻全然無問題!って人だと、もう片一方はすごいストレスだと思うんだ。

会社の規則にものすごく従う!絶対に!みたいな倫理観だったり、困ってる人がいたら絶対助ける!だったり、挨拶は人の基本中の基本!だったり、

毎日の生活の中で、普通に持ってる、それぞれの倫理観。価値観。ポイント。

そういうのが、なるべく近しい人とじゃないと、うまくやっていけない。

極端な話、他人に迷惑かけても気にしなーい!っていう価値観が一致していれば、

その夫婦はうまくいくだろうし。(そんな夫婦やだけど)

もしかしたら、浮気しても気にしなーい!っていう価値観が一致してれば、お互いに浮気し放題で幸せなのかも。

とにかく、自分にとって何がゆるせて、何がゆるせないかって、ホントに個人個人の差がある。だから、一概に、こういう人と結婚するのが幸せ!とは言えなくて。

それよりかは、自分の価値感と同じものを持っている人と暮らしたほうがいいよ、と言いたい。

お金の使い方とかもね、そういう倫理観っていうか価値観?が関係してくる。

お友達にお呼ばれした時に、どれくらいのお土産を持参するか、とか。

お礼やお祝いの品をちゃんと送るかどうか、とか。

ハッキリ言って、その辺の価値観が合っているなら、それ以外の趣味だとか職業だとか、学歴だとか、教養レベルだとか、別にバラバラでもいいんじゃない?とすら思う。

若い頃は、すごく相手の肩書や学歴にこだわってた馬鹿な時期があった。

それって、たぶん自分に自信がないから、なんか素敵な肩書や学歴を持つ、

いわゆる一般的に「素敵」と思われる男性に認めてもらうことで、

ようやく安心できるような気がしてたんだと思う。

もしくは、肥大化した自意識で、自分に釣り合うには、それくらいの肩書や学歴が必要だって思ってたのかもしれない。(実際は、肩書や学歴あっても、全然素敵じゃない男なんかザラっといて、そんな「尺度」は何の意味もないんだけど)

自分が自分を認めてあげて、自分には本当の意味で、人として愛される価値があるんだ!って

信じきれないと、やっぱり相手の本質を見て、「私がこの人を選ぶんだ!」って

自信も持てない気がする。

「この人は○○に勤めてるし、素敵な家に住んでるし、仕事も出来て、お金も持ってるみたいだし、・・・」なんて見方で相手を選んで、果敢にアタックしたところで、

本当に自分の性質に合っている人でないなら、結局うまくいかない。

案外大して好きではなかったけど、打算で「この人いってみっか」みたいに近づいたら、

まったく箸にも棒にもかからず、かえって傷つく・・みたいな恋を過去したことあるんですけど。

そりゃそうですよ。

こっちがいい加減な尺度で選んでるんですから、合ってないわけですよ。

お互いにね、合わない人と時間を共有するのは人生の無駄なんです。

やっぱり本気で、生涯一緒にいられる人を探す!というなら、

いい加減な尺度で相手を選んじゃいけないね。

それは、見た目だの、肩書だの、学歴ってことです。

表面的な趣味や、嗜好のことです。

ハッキリ言って、趣味だって、時々で変わるしね。

うちの旦那は、スポーツ一辺倒な人だったから、昔は活字全然読まなかったけど、

結婚したあと、今は、私よりいっぱい本読んでる。毎日毎日読んでる。

次々本を買って帰ってくる。

結婚する前はスマホでゲームばっかしてたのに。

いまはゲーム一切合財、時間の無駄だと捨ててしまいました。

別に私は何も言ってないのに。

何より、うちの旦那とは、倫理観が合うんです。

日常生活の同じところで怒ってる。

「何それ!むっちゃ腹立つじゃん!」ってお互いに言い合える。

「うちはそういうのしないどこうね」って言える。

それが幸せなんじゃないかなーと思う。

もしそういうのが違ってたら、すごくイライラするはずだもの。

もしもまだ結婚相手を探し中!と言う人で、どんな人にしようかなーと思っているなら、

ぜひ、「この人と倫理観は合うかしら?」と考えてみてください。

「この人のこういう部分は私の倫理観に合わず、ドン引き・・」みたいな部分が一個でもあるなら、結婚は考え直したほうがいいかもです。

そういう部分が、案外、生活の中では大きな意味が出て来ちゃうものなんですよね。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする