スポンサーリンク

年末の過ごし方

いよいよ年末ですね~
みなさまいかがお過ごしですか?
今年って、なんか微妙に休みが短いよね。(;´Д`)
いやしかし、
いきなり大晦日に入院した去年よりかはましか。_| ̄|○
ありゃびっくりした。
さて、
年末休みって、
なんかさびしいよね。
みんな実家帰っちゃうしさー。
好きな人や彼氏が地方から来てるかたは、
「えー・・・何日までいるのかなぁ・・会えないのかなぁ・・」とか気をもむことでしょう。
年越しなんかは妙にさびしくなっちゃって、
「あけおめメール来ないのかなぁ・・」と携帯ぱたぱたしちゃったり。
でもきっと当の本人は、
故郷に帰って地元の友達と飲み歩いてたり、
実家の親とまったりしてたり、
もしくは東京にいる人も、
普段の疲れからばったり倒れてたり、
するんで。
案外連絡まめに送ってこないこともあるよね。(;´Д`)
女子がそういう行事や、節目節目を大事にして、
それにつけては連絡取り合いたいのに対して。
いや、そういうイベント大好き男ってのもいて、
彼女大好きるんるん♪状態の男子は、
わんさか分刻みメールでも送ってくるから、
全部が全部じゃないですよ。
ただ、追いかけてるものはこない、
待ってるときほどこない、の法則にしたがって、
こっちが、連絡ほしいのにな~
お正月会いたいのにな~
つきあってるならそれくらいいいんじゃないのかな~
・・・と
おもってればおもってるほど、
期待すれば期待するほど、
来ないんだよ!!
いやほんと、不思議なくらいにね。
でも思うんだけど、
たぶん、正月休みって、
ほんと、人それぞれの事情があるし、
人それぞれの価値観が出る。
私は、実家に帰るのが当たり前で、
家族いっしょに正月祝うのが通例だけど、
東京に実家があっても帰らずに、一人でぼーっと正月過ごすって人もいる。
なぜか大晦日はこっちで一人で過ごし、
元旦に新幹線乗って実家帰るっていう変わった人もいる。
かならずクリスマス後にダイビングに行っちゃうよ、という趣味の人もいる。
そういうのは、それぞれのパターンだし、
別に、必ずしも、
「彼女と休みに会って初詣(はぁと)」ってのが常識ではないと思う。
年明けのカウントダウンを必ずメールで!って気色ばむ男ってのも、
女子に比べりゃ少数だと思う。
そこを、どうしても女子は想像できなくて、
「えー・・・ふつうはこうなんじゃないの?」「好きなら、当然するんじゃないの?」
って基本姿勢で始めるから、
態度の落差にがびーん!ってなるんじゃないかなぁ。
いや、その「当然」は、
たまったま、あなたが「すてき!」って思ってるパターンなだけ、だから。
全員が全員、そんなパターンじゃないですから。
(;´Д`)
そもそも、私は東京地区の出身なので、
どうにも故郷に帰るって気持ちが分からないんだけど、
年に一度故郷に帰る人の気持ちって、たぶん、
こっちに残ってる人とはまたちがうんだろなって思う。
そのときにしか会えない友達もいるだろうし。
学生時代の思い出をかみしめて、
「あぁ俺、東京でなにやってるんだろな」なんてメランコリー浸ってみたり。
年老いて来た親を見て、
「しっかりしなきゃな」なんて思ってるかもね。
普段のその人とは、また違う気分になってるかもしれないよ。
そういう「モードが違う」彼に、いつもと同じことを課すのももしかしたら無体なことなのかも。
まぁここまでくどくど書いてきて何が言いたいかと言いますと。
年末年始のお休みは、
結構家族が基本で、さびしくなっちゃうと思うけど。
だからと言って、その不安からガンガンメール送って、
返事がなくて、悶々として、
せっかくのお休みを台無しにしかねないですから。
最初っからあまり期待しないのがいいかなと。
あけおめメールを、
0時ジャストとかでなく、(笑)
普通に、朝10時だの12時だのに送って、送りっぱなしにする。
そんでそろそろ帰ってくるころ?の4日くらいにあらためて連絡するくらいでいいんじゃない?
お正月くらい、家族水入らずにさせてあげようよ。
もしくは友達と飲み歩く期間としてほっとこう。
もしも、実家にも帰らず暇してそうなら、
ぐずぐず予定を探らないで、
向こうに誘ってもらわなきゃいや!なんて思ってないで、
自分からさらっと誘っちゃおうよ。
「ね、初詣行かない?」って。
あまり混んでるとげんなりするからさ。
近所の神社でもいいし、
何か特色のある神社でもいい。
私は混んでるけどご利益が確かな寒川神社に行くけどさ。
ま、
初詣とか嫌いな男子もいそうだし、その辺は様子を見てね。
たんに、
「休み飽きちゃったからお茶しない?」でもいいかも知んないし。
そんでもって。
放置が長い彼、
もういい加減あきらめたほうがいい?と思ってる男と付き合ってる場合は、
せっかくの新年だからね。
この機会に、
家の大掃除して、心のごみも雑念も捨てて、
一度気持ちをリセットする時期に使うのもありじゃないかなーと思います。
本当に彼を想い続けていけるのか。
この先の人生をどうしていこうか?
そういうことを、一人でじっくり考えて、
心穏やかに答えを探すのもいいと思います。
私も、この年末は、
今年一年の混乱を鎮め、
自分の中ですべての執着と迷いをなくして、
次の出会いに備えるべく、
リセット期間にするつもりです。
神社行って、雑念も悪い気も祓ってきます♪
幸せは、
自分の心の状態によって、
寄ってきたり、離れて行っちゃったりする。
すべては心の持ちよう次第。
来年こそは、幸せがきらきら内からこぼれるような私になりたいなー。
そんなイメージで。
皆さんも、素敵なお休みの準備をしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. mint より:

    ≫幸せは、
     自分の心の状態によって、
     寄ってきたり、離れて行っちゃったりする。
     すべては心の持ちよう次第。
    部長さん、そう!
    そうなんですよね!!
    幸も不幸も
    いいも、わるいもないのに
    ぜんぶ自分が勝手に決めちゃってること
    多いです。。。
    逆に考えると気持ちなんて自分のいいように変えれるんだから
    なんでもハッピー♪ラッキー♪って
    思ったほうが勝ちですよね。
    (ムリしてでも、作り笑いしてでも、、、)
    すると、不思議にいいことが起きるっていうか
    困った現象が起こらないっていうか
    こういう「いい気」って
    男性にもきっとわかるんでしょうね
    明るく楽しそうにしてると
    かならず
    ぜったい
    まちがいなく
    ・・・寄ってきます(笑)

  2. xo より:

    部長さんの言葉って本当にいいタイミングで届いてきますね~。
    私も心の中の迷いと執着をスッキリさせたいです。
    前を向こうとしても折れそうになってしまうことがあるたび、ここを覗きにきています。
    部長さんの言葉に何度も救われています。
    私も寒川神社が結構近いので行くつもりでいます。
    ちなみに、この前寒川でおみくじ引いたら「待ち人来ず」で、その通りになってしまいました(笑)

  3. わさび より:

    このブログに何度となけ救われたことか。。毎年勝手に年末旅立つ彼。今年も彼は旅立ち、わかっちゃいるけど心の中でゲンナリしてたころに恋愛部長さんのブログ。気持ちが落ちつきました。

  4. みど より:

    非常に身に染みる内容でした。
    自分の心が穏やかでない状態で彼に接することの危険極まりないことを!!!
    うっかりしていました……(T_T)
    取り返しのつかないことになってなきゃいいけど…
    こーいう時ほど、メール我慢しといたほうがいいんですかね?
    [追記]恋のムチ、発売日にゲットいたしました!
    今後もよろしくお願いします☆

  5. 福袋 より:

    携帯から初コメントします。
    いきなり長くて申し訳ありません。
    12月半ば、彼と最低最悪な状態になり、その矢先に初めて記事を読みました。それから年末にかけ毎日読みました。
    彼とは別れてた一年を含め五年になりますが、最悪伝説数知れず。とうとう私が怒り心頭メール。電話でも、会っても、泣くわ怒るわ、しまいには積年の恨み節まで出しまくり、出逢った事すら恨めしい状態でした。
    ところがです。
    諦めの境地に達し(もう駄目なら駄目でいいやと思い)、部長さんの記事には後押ししてもらい、
    予告なく連絡を断ち、デートを理由曖昧に(ちょっと用事ができちゃってと)キャンセルし、予定は言わない聞かないに徹し、メールは三日に一度の明るい単文一通のみにしたところ。
    彼から長文メールが毎日のように来て、デートの誘いもまるでお姫様を誘うようなうやうやしさ(笑)。
    クリスマスプレゼントも気合いたっぷりのサプライズで私の自宅まで届けに来。映画に誘い自宅に誘い。毎日私の事をいっぱい考え。
    会ってる時は王子様のように優しく、笑顔。幸せに過ごした時期と何一つ変わらない優しい暖かい彼にすっかり戻り。
    更には私の自宅近くに引っ越してきました。
    これほどまでに効くとは!!
    因みに以前は、私がまるでストーカーのように毎日何十通もメールして、彼は横柄に逃げてました。
    嘘のような逆転…。関係が悪くなる前と同じ関係に戻りました。戻ってまだ半月ですが、穏やかな日々が戻り、夜も眠れるようになりました。
    私は本来は楽観的で決して粘着質ではないですが、彼の素行の悪さに耐えかねて、未来を失ったようなあまりの喪失感に、自分さえ見失っていました。自分側に落ち度がなかったので余計に意地になりました。
    自分に向き合うのが怖くて相手を責める事しかできず本当に辛かった。
    でも、おもいきりさんざん泣いたあとに、部長さんの文章のいろんな部分をノートに模写して、自分を癒やすみたいにして心を見つめていく事ができた年末でした。心に響いた数々の文、ことば、笑い…。このタイミングで部長さんの文章に出逢えて本当に幸せです。
    今、彼を好きでいます。
    でも以前みたいに盲目的直情的ではないく、穏やかで静かな「愛してる」。
    こんなにも、ゆっくりな愛でいいんだと、安心してます。
    執着を捨て、自分らしく2010を輝きたいと思わせて下さいました。
    背中を押して下さりありがとうございました。