スポンサーリンク

想いはどんな形にも変わる

恋愛とは不思議なものですね。
ときには、不可能などなにもないと思えるほど、満たされた
万能感を持ったり、
ときには、1分1秒に身を切り刻まれるような苦しみを味わったり。
同じ人を愛しているのに、
暖かい想いに浸れたかと思うと、
泣きながら胸を叩きたくなるほどの衝動に駆られる。
その想いはすべてその人を好きであるが故。
どっちも本当なんだよな~…
ただいつも思うのですが、
どんな想いの形に変えるかは、
彼ではなく、
自分が握っているのだよ、本当は。
われわれは、どうしても、
すべては相手から発していると思う。
「もっと会ってくれれば二人はうまくいくはずなのに」とか、
「もっとやさしい言葉をかけてくれれば私は素直になれるのに」とか、
相手に要求することしか見えなくなって。
こっちがそう出れば、向こうも同じように、
「お前がもっと素直でやさしければ俺だって・・」
「お前が会いたくなるような女ならとっくに会いに行ってる」と・・
売り言葉に書い言葉。
どっちがニワトリでタマゴかなんか関係なくて、
その流れを良くするも悪くするも、
こちらの胸次第だということだと思うの。
相談を聞いててたまにおもう。
「その人は、あなたの好きなひとではないの?」「まるで憎んでいるようだね」
不安に思って疑って、
「彼はこんな風に冷たい人間では?」
「こんな風に自分のことしか考えてないのでは」
「私は彼に騙されているのでは?」
と、まるで犯罪者でも見定める勢いで、
彼を見る、その目が、
彼を値踏みすればするほどに、
それをされている彼の心はそれを敏感に察し、
逆に疑いの目を向けるのです。
男性のほうが、むしろ女性に疑心暗鬼なのではないか、と
最近は思います。
「結婚結婚、と、本当は自分を好きではなくて、安定したから結婚しただけでは?」
「こんなに俺がつかれているのに、それを見ても、会えないことをなじるなんて、
俺のことを本当に好きでいるのか?」
そんな風にね。
実際、女の身勝手さにうんざりする、という男性の意見もあります。
かわいいそぶりで、
男性に甘えてみても、
男性が喜ぶのは付き合っている最初だけ。
すぐに、自分勝手な行為は相手をうんざりさせてしまう。
本当に、彼そのものを好きなのか?
自分の思い通りになってくれる男が好きなのか?
どっち?
彼そのものが好きだと言いながら、
「そんな風に忙しいときに私をほっておく男なんて信じられない」と泣くなら、
彼そのものを好きではないんではないかな???
恋に苦しんで、彼を恨めしく思っているひとは、
みんな一度考えたほうがいいと思うのね。
その人は、本当に好きな人?
それとも恨みに思っている人?
もちろん、好きだからこそ、恨めしい、
好きだからこそ、どうにもならない衝動に駆られるんだよね。
相手を傷つけてでも、
自分の苦しみを吐き出したい。
どうにも止まらない、
狂ったような、理性も止められない想い、がある。
そのまるで濁流のような想いを、
自らの手で止めるのは至難の業だと思う。
それでも、
難しくても、
どうか止めてほしいとおもってしまう。
何度もその濁流を、相手にぶつけて、傷つけて、
だれよりも大切な人を、この手から失って、
何度も何度も後悔してきた私から。
難しいと分かってるけど、
まだ間に合う人は、
止めてください。
もしも、どうにも叫びだしそうなら、
苦しいなら、
まずは女友達、しかも信頼のおける友達に、電話して。
私自身もそうしてます。
どうにもならない、止まらない、
でも本人にぶつけちゃだめだということだけは分かってる、
真っ黒な感情は、
噴き出す前に、友達に相談することで、冷静になります。
友だち、と思うから、
ワンフィルター入るでしょ。
まんま彼にぶつけるよりは、冷静に、客観的に、
説明しなきゃだめでしょ。
そうやって、誰かに説明するために話しているうちに、
何が原因で、何がおかしいかも分かってくるの。
どうすればいいのかも。
もちろん、ときには、
かっこつけてないで相手と話し合ったほうがいいこともある。
でも、自分が一方的に不安になって、
どうにも止まらない憎しみ、恨みに、頭が真っ赤になるほどだったらば。
相手に伝わるのは、きっと人を傷つけるだけのネガティブな感情だから。
一度止めて。
どこか別のところに吐き出して。
吐き出したものを自分でじっと見てほしいのです。
いまは、みんな我慢が効かない時代だと思います。
連絡が欲しければ、携帯で、メールで、
すぐに返事が欲しい。
すぐに何とかしてほしい。
すぐに解決して。
でないと眠れないでしょ!
そんなスピード感。
でも、人間は、本来、
そんなスピードでものを考えるようにはできてない。
我々はコンピューターではない。
ゆっくり一晩考えて、
それからようやく自分の考えがまとまり始めることだってある。
あるとき私のボーイフレンドが、
「時間をかけて、じっと考えて、ようやく君の言ったことを理解できるから。
いま急にいろいろ言われても混乱する」って言ったのね。
私はとても感情的になってて、
あれやこれやとまるで雨あられのようにいろんなことを彼に投げかけたけど、
彼は途中から黙ってしまったの。
それは、卑怯だから黙ってるんではなくて。
ただ、一生懸命、私の言葉を咀嚼して、
どんな気持ちでいるのかを、彼なりに想像して、
腹に落ちるまで考えたかったからだったの。
なのに、私は、その沈黙さえもネガにとって、
彼をののしってしまった。
だから男性はうんざりするんだね。
女性はすぐさまその場で、納得のいく言葉が欲しい。
それを言うのは簡単だろう、
私をなだめる言葉は簡単だろう、と思ってる。
嘘でもいいから、愛してると言って安心させて!ってなもんだ。
でも、男性は、
真に誠実な男性は、
自分の心を読みながら、
へたに安っぽく「愛してる」と言って相手を落ち着かせようと思えなくなってしまう。
あれこれ考えて、
正しいことを言おうとしてしまう。
だから、
二人の間に差が生まれ、
そこから憎しみや不安が生まれてくるんだと思う。
私は、黙ってしまう男性の誠実さについて感心する。
不用意なことを言わない、
安易な言葉で相手を言いくるめようとせずに、
一生懸命自分の言葉で答えを探そうとしている、
自分と向き合う姿を、素晴らしいと思う。
なのに、
自分のこととなると、
そんなことも見えなくて、
つい相手を責めてしまう。
感情の収拾がつかなくなる。
不思議だね。
でもせめて、ひとつだけ忘れないでおきたいことがある。
どんなに、不安につぶされて、相手を恨みたくなっても、
相手を憎みたくなっても、
背を向けると決めたのでないかぎり、
彼は私の好きな人である、と。
その苦しみも、怒りも、
彼を愛しているからなのだと。
そのすべての想いは、
本当は、愛情と言う名の感情に、
置き換えられるべきもの。
怒りを、深い愛情に変えることができるのは、
自分しかいないんだって。
イライラするのも、
苦しいのも、
せつなく、
泣きそうになるのも、
彼を愛しているからでしょ。
だったら、
同じ感情を、
同じだけのエネルギーを、
彼を許し、
彼を受け入れ、
彼を愛することに、
使えないものだろうか。
それは、
どうにも難しい命題なのだろうか。
実は私も、それが難しいことは知っています。
分かっていて、
それでも、
自分がいつか、
今度こそ、
大好きな彼に怒り悲しみ、
胸が潰れそうになったそのときに、
その想いのすべてを、
彼を許し、受け入れ、
愛することに変えられることを、
祈ってやまないのです。
なぜなら、
私たちは、
いがみ合うためではなく、
許し、愛するために、
出会っているのだから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. より:

    なるほど~
    もう神の域ですね
    許す事
    大切ですね

  2. リラ より:

    本当に、この通りだと思います。
    『どっちがニワトリでタマゴかなんか関係なくて、
    その流れを良くするも悪くするも、
    こちらの胸次第だということだと思うの』
    私も、年下なのにしっかりしている彼に甘えることばかり考えてたころは、彼が疲れてることもろくに考えず、自分のことばかり。
    結果、俺のことを分かってくれないと言われてしまいました。
    今はとにかく、彼はどうして欲しいんだろう、どう言ったら癒せるんだろう、と彼の気持ちを考えて行動するようになったら、彼ももっと優しくなってくれました。
    メールして!電話して!逢いに来て!ではなく、彼が、メールしたい!電話したい!逢いたい!と思える女性になろうと、努力してる最中ですが、ちゃんと出来具合に比例するように連絡が増えてます(笑)
    ここを読んだお陰です。
    『いがみ合うためではなく、
    許し、愛するために、
    出会っているのだから』
    この言葉をしっかり胸に刻んでこれからも彼を大切にしていきたいと思います。

  3. まき より:

    初めまして。まきと言います。高校生です。以前から記事を読ませてもらっています。
    今、彼氏の二股が発覚しています。彼氏からそのことを告白されました。付き合い1年半ぐらいなのですが、二股をしていたのは1年も前でした。
    ずっと彼を責めてました。
    泣きながら謝る彼に メールで電話で会うたびに責め続けてました。好きだから別れたくありませんでした。でも、悲しく辛く、彼氏に対して怒りを覚えてました。好きだから乗り越えようとしてました。でも彼氏を許す気はありませんでした。
    前振りが長くなりましたが、そんな時にこの記事を読んで、私はもう一度彼氏を信じて許してあげなくちゃいけないんだって思いました。辛いだけなら別れればいい、でも好きだから別れたくないと決めたのだから、ずっと彼氏を責めるのではなく、悲しさも全部愛に変えたいって思いました。
    私は彼氏を恨みたくはありません。彼氏を純粋に好きでいたいです。
    この記事を読んで、また以前のように仲良くしたいって思いました。
    もう一度、彼氏を信じてみようって思えました。ありがとうございました。

  4. りんご より:

    こんにちは。
    ずっと拝見させて頂いている30過ぎのパワフルな女子です・・・。
    ずっと苦しくて、誰かに聞いてほしい、つい1カ月前の失恋話です。
    かっこいいけど、あまり女性慣れしていない彼とは地元の飲み屋で出会い、趣味のオートバイが共通していて、彼のヘルメットをもらったり、周りにのせられて彼のバイクの後ろに乗っけてもらったりしていたら・・・
    好きになってしまいました。
    家も歩いて5分くらいのところなんです。
    お互い良く知らないのに、お酒の勢いで一晩彼の家で過ごしてしまい、
    そのあとは彼が積極的にアプローチしてくることはなく・・・
    でもメールには必ず返信をくれて、たまに飲み屋であっても向こうから話しかけてくれたりしてたんです(むしろ私が冷たかった)
    それなのに
    あるとき、また飲み屋であったときに、私が酔っ払ってしまい、皆の見ている前で
    「好きなんだも~ん!」と公開告白してしまい、あきれる彼を家までおいかけて・・・
    嫌われてしまいました。
    「いつもそうやってるんだろう」って(酔っ払って男の家に押しかけて・・・ていう意味)言われてしまい
    次の日、謝りたい、気持を伝えたいってメールしても、
    「会うつもりは無い、そちらの望む答えは俺からでない」
    って…泣
    残されたのは彼にもらったヘルメット・・。
    捨てられないし、あるとつらいし・・
    こちらのエントリーにある、
    我慢がきかない  
    という一句が、私の心に突き刺さりました。
    私も、もっと時間をかけて彼を知れるよう、もっと彼の立場になれば良かった。
    気持が前へ、前へ、押し出してしまって、
    自分の気持だけ押し付けて。
    繊細な彼にひかれてしまって、もう取り返しがつかなくて・・・。
    ごめんなさい。
    ちょっと辛くて、駄文を打ってしまいました。
    今、心にビタミンが必要です。
    部長さんのブログ、本当に支えになってます。
    ありがとうございます。

  5. ライオン より:

    はじめまして、恋愛部長さん!
    とても励みになります。
    数日前、彼からこのまま付き合っていくのを悩んでると言われました。今は、一番が研究・二番が自分自身になっていると。この状況を、私への気持ちが薄れたからこの順番なのか、もともと仕事や自分優先のタイプかわからないと。また、考え方において私と合う部分もあるけど、合わない部分がある。これを、どう処理すればいいかわからないと。自分勝手でごめんと。しばらく時間が欲しいと。なのでずっとメールも電話もしていません。
    私としては、付き合っていたいけど彼が無理ならあきらめようと思っています。頭ではわかっていても、ふと一人でご飯を食べたりする時は涙が止まらない事もあります。でも、恋愛部長さんのブログを見て、次に話し合う時は感情的にならずに、どんな結論でも受け止めようとおもいます!彼は、私に誠実でいようとして今、迷っているのだとおもいます。そんなとこが、とても好きなので…困ります(笑)
    いつも、このブログで元気もらってます。今日は特に、元気もらえたのでコメントしました。
    恋愛部長さん!ありがとうございます。部長さんみたいになりたいっす。

  6. まりも より:

    恋愛部長さん、こんにちは☆
    こちらに書かれてある通り、仕事が忙しいとの理由で彼から放って置かれいる私は彼の事を少し恨む気持ちがありました。
    仕事が忙しいと言う彼を応援するのも疲れてしまったので連絡を絶ち、暫くしてから彼から謝りのメールが来たので、彼が忙しい時は彼自身が動こうと思わない限り、こちらが望む言葉は貰えないと思いました。
    そして、彼に余裕がない時は待ってるしか無いんですよね。
    彼に余裕が無い時に色々言ってしまうと終わってしまうだけだと思います。
    ただ待つのは辛くなるから、自分の為に時間をと色々な本でも書かれてあるのかなって分かった様な気がしました。