恋愛部長
恋愛ベタ、モテない若いころを経て、恋愛についてあれこれ考え格闘しながら、なんとか生きています。 『恋愛部長の恋のムチ』 『にっちもさっちもいかない恋がうまくいく本』(大和出版) お問い合わせは、 bucho@renaibucho.com
スポンサーリンク

心と体はつながっている

コメント欄に書いてあって、「まさに!」だったので、

今日は久しぶりに美容と健康の話など。

私昔から推奨しているのが、美容と健康対策。

というのも、心と身体ってものすごーく関係している、っていうか、もう一体化したものだと思うから。

身体が疲れていたり、具合が悪いと、心の栄養も足りなくなってしまうのは、うつ病などの症例でも明らかですが。

逆に、身体が健康で生き生きしている時は、活力が生まれて、魅力的に見えるもの。心も健やかで、多少のストレスがあっても跳ね返せる。

これって、心の免疫力だと思うんだよね。

私も昔々新入社員の時は、栄養とか健康とか超軽視してて、毎晩徹夜して、土日はぐったり一日中寝てて、顔色も悪く、イライラした子だった時期がある。あんまり具合が悪くて、何もする気が起こらなかった。

でも、ある時ふと、「健康状態をきちんと管理すること、心を穏やかに保つことも、いい仕事をするためのコンディション管理であって、プロの仕事なんだ!」と気づいてから、すごく健康に気を使うようになりました。

食べ物もちゃんとして、栄養のあるものを取る。それだけで、(徹夜とかは相変わらずしてたけど)心が元気に明るくなって、いろいろなことに挑戦できるようになった。交友関係も広がって、彼氏もできた。

そういう好循環が、身体の健康→心の健康の順でやってくる。

あんまり明らかに変化があったので感動したくらい。

結局、うつ病とかって、最初の最初は、脳みその栄養不足が原因だったりする。不眠とかは、脳の疲労が取れなくなって起こるもので、まずは、脳みそが回復できない状態まで疲弊してしまうことが原因で。ただの睡眠不足だけでは起こらない。(私は朝まで毎日仕事してたけど、全然うつ病にはならなかった)

もちろん、異常なプレッシャーや、ストレスがかかることが脳にダメージを与えることが直接の原因ではあるんだけど、それにしても、普段からの免疫力で差が出ると言うか。脳に十分に栄養が行ってないと、すぐに疲労がたまって、限界にきてしまうんじゃないかと思う。

私は、昔から納豆とか味噌とか大好きで、脳の覚醒にレシチンがいいというので朝からよく食べてたけど、そのほかにも、枝豆とビールの組み合わせが意外にも脳にいいんだとか。(テレビでやってた)

とにかく、脳みその疲労は心の健康にものすごく直結していると思うのね。気持ちが落ち込めば、何もする気が起こらなくなる。何もできなくなると、自分が嫌いになる。そして、だんだん自暴自棄になって行く。

で、私がよく言う「恋愛コンディション」、なんだけど、

これも、基本的には、普段のなんでもない物事の受け取り方にすでに違いがあって。

相手のちょっとした言動行動が、ネガティブにしか受け取れなかったり、未来を悲観しちゃったりっていうのは、そもそもの物事の受け止め方、こっちの心の問題だったりするんです。

心が元気な時は、何も感じないことが、気になってしょうがなくなる。

普段バリバリ仕事に打ち込んでいると目にも入らない些細なことが、急に気が散るようになって、大事のように思えてくる。

過去の嫌な記憶がよみがえって、何度も何度も繰り返され、周り中が暗く見えてくる。

そういう心の不安定な状態も、実は根本の「心の健康状態」が問題だったりする。そして、心の健康状態には、身体のほうの健康状態(脳みその栄養状態)なんかが関わってたりする。

ホルモンバランスが崩れるだけで、別人格みたいになるのは、生理前症候群(PMS)でもよくご存じの通りです。

だからね、そもそもの恋愛コンディションを上げるためにも、普段の健康状態を整えて行くことが大事。そのためには、毎日の生活の中での、習慣が大事、なんですね。

食生活とか、睡眠と休息のサイクルとか。

で、冒頭の話に戻るんですが、

私は、30代はじめ位から、ずーっと、毎朝青汁と豆乳飲んで、生下ろし生姜を入れた紅茶を飲む習慣を続けているのです。ブログでも昔紹介したことがありますが。昔は、そこに、夜ゆっくり30分以上半身浴につかるとか、瞑想するとかヨガをするとかも入ってましたが、結婚しても続けているのは、最初の、「青汁、豆乳、生姜紅茶」です。(そのほかは時間がなくてできない・・)

でも、相変わらず、この3種の神器のおかげで、健康状態は良好です。

豆乳はイソフラボンが女性ホルモンに似た成分なので、美容にいいですし、生姜紅茶は、身体をあたためるので、健康全般と、婦人科系の疾病予防にも効果的。生理も軽くなり、周期もあっという間に整いますし、便通にもすごくいいです。

青汁は、もはや私にはなくてはならない大事な栄養源で、いまでもこれを飲んでいれば心がはつらつ、いつでも元気でいられます。(旦那も飲ませたら、すごく体調が良くなった!と毎日愛飲中)

毎日、朝ご飯に加えるだけなので、習慣にしてしまえば全然苦にならないし、青汁も豆乳も、定期宅配で届くので、続けるのは簡単★

身体の基礎が整っていると、本当に、心にもよい影響があります。

ホントはここに、ヨガを加えたかったのが、難しかったんだけど、妊婦になってからまたマタニティヨガも始めました!

これもまた瞑想とかが、今流行のマインドフルネス効果ですごくいい。ので、おススメ。

とにかく、あまり無理しない程度で、毎日ずーっと続けることが大事なんじゃないかと思います。

昔は、デートの前には、必ずランニングマシンで走っていた私。(そうすると、肌がピチピチになって血の気が差して、すごく若返るからw)

あとは、ちょっと難しい本などを読書してから行くと、目がキラキラ好奇心にあふれた光を放つので、デート前にかならず読書してたっていうのもあります。

身体と心って、つながっていて、メンタルが体にいい変化を及ぼすこともあるし、逆ももちろんある。なので、その二つを常に意識して、いつもイキイキ若々しい自分でいるようアップデートをしたいものですね。

(最近では年下のママ友たちに、「その年齢とは思えないほど若いね!元気すぎ!」と舌を巻かれますw)

皆様も、どうか体や心の健康を疎かにしないようにね。

男性って、結局、いつでも健康に「保てる力」を持っている女性を、伴侶にしたいと思っていると思うんですよね。結局は。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 弥生 より:

    恋愛部長さん

    前のブログ時代からずっと読んでます!
    いつも恋愛部長さんの記事を読むと元気になって、明るく生きよう(恋愛も込みで!)と思えます。忙しい中記事を書いてくださって本当にありがとうございます!
    ご質問です。本当に小さなことで申し訳ないのですが…おすすめの青汁メーカーってありますか??
    恋愛のことに関係なくてごめんなさい!!笑
    今回の記事で気になってしまって、差し支えなければ教えていただけるとありがたいです。

    これからもブログ楽しみにしてます!