スポンサーリンク

男と女はいっしょではない

JUGEMテーマ:恋愛/結婚

今の彼とつきあってから、
つくづく思うことがあります。
それって、男と女は全然ちがうよなーってこと。
今まで、実言うと、10年以上、同じ業種の人と付き合ってきたので、(;´Д`)
つねに、彼とは仕事の話ができました。
私自身、仕事が生活のすべてだった時期もあって、
彼とは、いつも興味の内容とか、人付き合いの構成とかが似てた、もしくは完全に一致してた。だから、錯覚してたのかもしれないんですが。
男と女は、本来、興味の対象が一致することのほうが少なくて。
スポーツとか映画とか趣味の世界でも、
微妙に好きになり方が違いません?
男子は、スポーツも、自分がするものとして好きだし見るけど、
女の子は、「あの人素敵!」とかって見方が多い気がする。
映画は大体男性の好きな映画と女性の好きな映画はちがうし。
私の職場周りは幸いにして、
女性化した男性と言うか、カルチャー的に成熟した
たいへんスマートな男性が多いので、話がすごい合うんだけど、
一般的にそういう男性は稀少だったりして。
やっぱり、普通は、
どかーん、ぼかーんとアクション映画!とか、
男の汗!なスポーツとか、
少年漫画な世界とか、
PCとか機械類をいじって楽しむとか、
そういう男性らしい興味世界にいるものだよね。(;´Д`)
つまり、
そもそも男と女は、つねにいっしょにいると、
興味の対象が違いすぎて、どっちかが我慢しなきゃいけないわけですわ。
男的なものに合わせてればこっちはつまんないし、
かといって、女子的なものに男付き合わせればあくびをするし。
つねにいっしょにはいられない、そういうものだと考えた方がいい。
「亭主元気で留守がいい」じゃないですが、
そもそも原始時代のように、
男性は外に狩りにでかけて、その間女性は、木の実を取ったり女性社会で情報交換したりして、昼間は別々に行動しているのが合ってるのかも知れませんねえ。
今の時代は、なんだかなんでも均一化して、
女子も男子もいっしょにいられる、いたほうがいい、
何でも同一化、同化してなければいけないものだ!という強迫観念がありますが、
そんなことはなくて、
やっぱり、それぞれの時間を大事にした上で、
付き合っていかないと、息が詰まるのかもしれないね。
大体、携帯メールとか携帯電話が悪いよ。
簡単に日常を把握できるがゆえに、
会えない時間を数えたり、恐怖心を覚えたりする。
でもさ、昔は、
自宅に電話してましたから!(;´Д`)
夜遅いと、向こうの親御さんに怒られるのこわくて電話できなかったし。
デートまでの時間を、心待ちにしてウキウキ暮らしたものです。
1週間連絡がない、とかみんな心配するけど、
うちの兄は、研究所にこもってて1ヶ月間まるで彼女の存在を忘れてて、
ものすごく怒られたりしてました。
男の人って、
恋愛より大事なことが、日常の中にいっぱいある。
もちろん我々も仕事は大事だったりしますが、
男の人の「仕事が大事」の感覚には到底ついていけませんよね。
そういう肌感覚自体が男と女で違うんだから、
そこをとやかく言ったり、いっしょにしようとすることが間違ってるんですよね。
だからさ。
分からないものはお互い分からないものとして、尊重してればいいじゃない、と。
何が面白いのか分からないハリウッド映画は、勝手に見に行ってくれ。
ゴルフもサッカーも、お友達とごぞんぶんに。
休みの日も、機械をいじりたい、秋葉原に行きたいならどうぞどうぞ。
私はその間、ロマンチックな映画でも観て、
英会話とヨガ教室に行って、エステに行ってまいります。
そういうことでいいんだよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする