スポンサーリンク

追いかけないで追いかけさせる

JUGEMテーマ:恋愛/結婚

少し前に書いてた、男を「来させる」話の続きです。
もちろん私も、大概自分が好きでないとダメな性質なので、
追いかけられるよりは追いかける方が好み。
ハンター体質なんですよね。
いくら好き好き言われても、
それが弁護士だったり美形だったり、「君の自由にしてくれていいから」と
かき口説かれても、(ジマンじゃないが実話)
自分が好きでないと、デートも盛り上がらない、触れるのも嫌、電話で話すのも面倒くさい・・・、と要するに、「ひどい女」に大変身してしまうのです。(;´Д`)
たま~に、
「あたしモテないから」とか暗いこと言って、
好き好き言ってくれる男と結婚なんかして、
結局指一本触れられたくない、触れさせない、なんて
ひどい有様な女性がいたりしますが。(ホント、だんなさんがかわいそうだからやめなさい)
結局ね、
いくら自分を好きだと言ってくれるからといって、自分が好きになった人じゃなきゃ付き合ったりはできないよね~。
体は正直って言うか、
手も握られたくないし、会うテンション上がらないし、別人みたいだもん。
というわけで、
追いかけるより追いかけられろ、というのはですね。
決して、
好きになるより好きになってくれる男を選べ、
ではない。
これだけは言っておきます。
要は、向こうにどう思わせるか、だけです。
好きな男に、俺は追いかけてる!!!と、思わせればよいのです。
男性の、女性選びなんて、しょせんいー加減。
顔が好みとか、体がぐっとくるとか、
いい子だよな~やさしそうだなぁ~家庭的だな~守ってあげたいな~
性格に関しては、
ほとんど、中身を見抜けてません。(男性の皆さんごめんね)
だからよく、女子から見て、
「あんなミエミエな態度の性格悪い女ちやほやしてバッカみたい」
なんて子を、ちやほやしちゃったりするのです。
でも、私の持論では、
やつら、分かってちやほやしてるとこもあるよな、と。
ホントのところは分からないけど、
とりあえず、俺の前で媚びてくれる、女らしく振舞う、
その賢しさも含めて、好き!!!!
ようは、うわべを取り繕う、その女度の高さ、そのものが好き。
まーぶっちゃけ、中身がいい子かどうかは、付き合ってから分かればよくて、
もしいい子なら結婚したいって思うだろうし、
そうじゃなきゃ、どっかで別れりゃいいし。
女の子ほど、大真面目に、
相手の性格だの、本質だのを見極めてから付き合おうとは思ってない気がします。
(ちがう男性は、ごめんね)
で、何が言いたいかって言うと、
ろくすぽ中身の検証やら、自分との相性なんか分かってない男子に、
選択を任せてたらえらいことになっちゃうので、
やっぱり、お相手は、女子のほうからしっかりした選択眼を持って選ぶべき!
というのが私の意見。
もちろん、一目ぼれで好きになっちゃったの(はぁと)なんて選び方は言語道断です。
ちゃ~んと、相手を見て、これはいい男だ!好きになれそうだ!
向こうも好きになってくれそうだ!っていうか、これは私の男だ!
と思える人を見つけたら、
その男にアプローチして、
好きにさせる。
偶然お互い好きになった。恋に落ちた!ってのももちろん素敵だけど、
その偶然の一致を待ってると、いつまでたっても恋に落ちないので、(爆)
ある程度、戦略的に行くべきだと思う。
待ってるだけで、見つめてるだけで、
男が気持ちに気づいて好きになってくれる、なんて、
少女漫画の中だけです。
やっぱり攻略して、相手に「来させる」ことができてこそ、
恋愛力がある証拠。
これができるようになれば、
どんな相手でも行けます。
あとは、いい男、自分にぴったりの男に出会うまで、繰り返せばいいだけなのです。
具体的には。
出会いのあと、メールを効果的に使って、デートまでこぎつける話は、
前も書きました。
ので多少、省略しながら書きますが。
最初のメールは、デートにこぎつけるまでのつなぎツールと割り切る。
とにかく短く楽しく、期待感を持たせつつ。
でも告白的な、相手に確信を与える言葉はぜったい言わない。
好意は言葉ではなく雰囲気で伝える。
そんで、個人的に会う算段を取り付ける。
わざとらしくなく。さらりと。
デートに行ったら、とにかく、楽しく。
この子と付き合ったら、こんな感じなんだ~いいなぁ~と思わせるように。
とにかく、サービス。
笑顔。
褒め言葉。
女らしく、かわいらしく、明るく。
結局、ほとんどの男性がすきなのは、
若くて健康で明るい女の子。
なんですよ。
なんでかって?
オスの本能。
子供産むんだったら、若くて健康で、しかも精神的にもすこやかである必要があるじゃない。だから、男性が若い子を求めるのは自然なのですよ。そこに目くじら立ててもしょうがない。(もちろん、私のように36にもなると、そのハンデを別のもので埋めて戦う必要があるのですね。あーたいへん)(;´Д`)
で、とにかく、普段はテンション低い子でも、
最初のデートは、がんばらねばなりません。
第一印象がその後を決めるといいます。
無理にでも、明るく、健康的で、笑顔がはじける自分をアピールです。
女らしくも大切。
男の人は、女らしいものが好き。
女らしさは男性に対するサービス。
愛情表現。
男らしい女なんて、面白いかもしれないけど、
彼女候補になれません。
まずは、男の圏内に入る必要がある。
女子だ!俺のテリトリーに入ってる!って思われなきゃダメです。
そのためにも、分かりやすい女性らしさは、不可欠。
それって、相手に対して、最低限の、エントリーシートですからね。
「デートにGパン履いてくるなんて、俺なんて男扱いしてないのか?」
なんて思うくらいですからね。男子たちは。(実話)
とにかく、最初は、まずエントリー!!!
自分の素を知ってもらうのは、
エントリーシートをこなしてからですよ。
女性らしくラッピングした自分らしさを見せるべきで、
男らしい素の自分をいきなり見せてどうする?!
もちろん、相手によっては、さっぱりボーイッシュが好き!とか、
冷たい大人クール萌え、とかいるでしょうから、
相手のリサーチができてるなら、その方向に寄せておくのもありですが。
もしそんなに情報ないなら、
分かりやすく、ジェネラルな女性らしさを出す。
それがまず礼儀です。
さて、そのうえで。
もちろん、恋愛は就職活動みたいなものですから、
自己PRを上手にする。
就職活動したことある人は分かると思うけど、
PRは、自慢話じゃありませんよね?
相手に、素敵だ、いいな、と思わせるための話術です。
ちょっとおっちょこちょいだけど、
本気でものごとに突進する、一生懸命な私、
のほうが、
美人でいい大学出てデキル女の私、
より好かれるかもしれない。
相手の目線になることです。
どんな女の子の自分をアピールするか。
嘘はダメです。
ホントの自分の持ち物の中のどれをアピールするかを、
その場で判断して出していく。
(ホントに就職活動だなぁ)
その辺の臨機応変さ、柔軟さは、
はっきり言って、慣れです。経験です。(きっぱり)
仕事で営業とか客商売やってるひとは、けっこう得意分野だと思うけど。
けっきょく、それとおんなじ。
相手に、どんな自分を見せて、好きにさせるか。
戦略がなくては、いけません。
ただ漫然と、自分の好きなものの話をしててもダメで。
どういうストーリーにすると、
嫌味なく、自分を売り込めて、しかも相手も興味を持てるか。
その話術、が大事。
重要なのは「さりげなく」、です。
「私ほんとに子供に友達扱いされちゃうのよね~こないだなんてこんな目に遭ってね~」なんて一見おもしろい話?にかこつけて、子供に好かれる女の子の私、を演出したり。
仕事が大好きな私、美味しいものに目がない私、おっちょこちょいでみんなに心配される私、スポーツが好きでじっとしていられない私、・・・などなど。
ジマンではないけど、自己PR。
嫌味なく、相手に好感を持ってもらう言い回し。
これは、普段からも、どーでもいい人相手に練習しておくのがよいです。
で、
大事なのは、
相手の話を聞くこと。
興味津々って顔で。
何一つもらさず。
相手の興味のあること、相手の仕事、相手の趣味、相手の生活。
とにかく、相手が話すこと全部に、
「へえ!!!」とか「面白い!!!」とか「そうなの??!!!」とか
リアクション満載で聞き入る。
これが、本当に有効です。
つうか、この先デートをつないでいけるかは、
ここでのリサーチ次第なわけだから、本気で聞いてなきゃダメよ。
てきとーな空返事はバレますからね。(;´Д`)
そこで、いっぱい話をして、
つぎのデートへのヒントを探す。
もちろん、次のデートへの布石は、一回目のデートで軽く打っておきたい。
「その展覧会行ってみたい!!!」とかね
それで、向こうが誘ってくれば、OKです!!
誘ってこなくても、
こっちから誘えるための布石です。
そうやって、メールの次はデートをラリーする。
そうこうしてるうちに、相手が誘ってくるようになるとか、
メールが頻繁に来るようになるとかして、
そのままグレー期間を楽しんだ後、
まぁ大体は、男のほうから意思表示があるのがふつう。
それは、「付き合ってくれ」かもしれないし、
いきなり手を握ってくる、キスをする、そのままなだれ込む、などなど。
そのような意思表示をさせたら、それが、
「来させた」ってことです。
そこまでのグレー期間をいかに楽しく、
相手をドキドキさせられるか、が、
「来させる」までのポイント!!!
ここで、告白なんかしたら元も子もないです。
白黒つけて、な女子の態度は、間違いなく、
グレー大好物、俺から口説きたい、口説いてるつもりの男性陣の
お楽しみを奪ってしまいます。
そう、ここで、
「俺はこの子を追いかけてる!俺が口説いてる!」っていかに思わせられるか、
それが大事なのですよ!!!!
たとえ、最初はこっちが目をつけたんでもいいんです。
結果的に相手がこっちを追いかけてるような錯覚に陥らせれば。
そのために、何ができるか。
それは古典的ですが。
押して、引く
これしかない。(爆)
とにかく、楽しいデートをすること。
デート後のメールは、「楽しかった!また遊ぼうね」とアピール。
でも、必要以上にメールはしちゃだめです。
長いメールで自己紹介もダメ。
深い相談も絶対ダメ。
グレー期間のメールは戦略ツール。
デートへつなげるためだけのもの。
とにかく、楽しいデートを繰り返し、
「この子は俺が行ってもだいじょうぶだ」という
男性側に安心を与えるまでは、
好きだって気持ちを雰囲気、態度で感じさせましょう。
その上で、
もし男子がそれでも口説いてこなかったら。
手も握らず、キスもせず、肩も抱いてこなかったら。
(慎重な男ってのはいるからね)
思い切って、
メールをちょっとやめてみる。
今までこっちから誘ってばっかだったら、デートに誘わない。
デートに誘われても、一回何か理由つけて断る。
そのようなことで、ちょっと引いてみる。
すると、
いきなり男性の中で、こっちの存在が「熟成」されます。(爆)
「あ、他に誰か気になる男ができたのか?」とか、
「俺がはっきりしないから愛想尽いたか?」とか、
勝手に妄想してくれます。
まるでイースト菌のように。(;´Д`)
それでも一向に言って来ないようなら、そもそも脈なしだから
そこで打ち止め。
でも、大体の場合は、男子のほうから、猛烈にお誘いが来たり、
意思表示されたりすると思います。ハイ。
「こっちが連絡しないと向こうは連絡してこなくなって会えなくなっちゃう」
じゃないです!!!!
そこで連絡してこないならそこまでの仲ですよ。向こうが、結局あなたのアピールになびかなかったってこと。数回のデートで、「ちがうな」判定をしたってこと。
それならしょうがない。
だから、そう思わないためにも、
デートは毎回毎回、真剣勝負!!!
自分をきっちりアピールして、悔いのないようにしなきゃダメなんだけどね。(笑)
はっきり言って、自己PRを自分でもやりきって、
いいところを全部見せることができて、
気持ちも上手に見せて、
それでも男が来なかった場合、
私は案外すっきりあきらめられます。
ここまで全部、できることはやってダメだったら、もう満足だと。
そこまでやらないから、心残りだし、未練になるのよ。
できることは全部やろう。
アピールできるもんはぜんぶアピールしよう。
そうすればすっきり、次に行けますよ。
ちなみに、「来させる」トピックでもう一個。
男の子が、どうも奥手すぎて、
なかなか口説けないでいる場合。
デートには誘ってくる、メールもくれる、でも決定打がない。
そんな状態が、少なくとも3ヶ月続いちゃった場合。
(1~2ヶ月位なら付き合ってあげましょう)
その場合は、女子の側に問題があるのかも。
要するに、「隙がない」状態になってる。
だーっと話してて、沈黙がないとか。
手を握るにも握る隙がない、とか。
分かりやすく、相手に、口説かせる、つけ込ませる「隙」を作って差し上げるのも大事ですよ。
恋から離れてる時期が長い人ほど、緊張して、
この「隙」ガチガチに埋めて、「だまされないわよ!!!」みたいな
へんなオーラ出してることがありますよ。
だまされたっていいじゃない。
遊ばれたって、遊んでやったと思えばいいじゃない。
多少のゆるさ、男性には大事です。
「この子なら、口説いてもはねつけなさそう」「手を握っても振りはらわなそう」
「ぶっちゃけ、最後までさせてくれそう」
そういう想像が、相手にできるかどうか。
その余地をつくってあげる。
具体的には、
まぁ、ボディタッチが分かりやすいよね。
飲んでるときに「やだ~!」と軽く叩くのもいいし、膝にいっしゅん手を置いて話すのもあり。膝小僧がぶつかってもいっしゅん置いてから離すとかね。(高等テク)
まつげがついてるって頬に触れる、目を見つめる、酔った振りして手を握る。
寒いときは、腕につかまる、できるなら腕を組んじゃう。
はぐれないようにって、服につかまる。
などなど。
ダイレクトに接触することで、男性は、
「行ってもいい」のサインだよね?!!!!ってなる確率高いです。
まぁ大人なら、お酒の席はけっこう使えるよね。
あとクルマのデートもいいねえ。
ちょっとした接触はなんとでもつくれます。
ガムあげるときに紙からはがして口に入れてあげるとか。
相手の方角に「あれ何?」って頭を寄せるとか。
とにかく、相手をドキッとさせる「隙」を見せる。
そうすれば、ぐっと口説かせるまでがスムーズになりますよん。
すべては、相手を気持ちよく「来させて」あげるため。
追ってるって感じさせてあげる。
口説かせてるって思わせてあげるため。
ほんとにねえ、私はもともとハンター体質で、(;´Д`)
こっちから口説きたい、こっちから押し倒したい!!!気満々なんで、
この「追わせる」のがめんどくさくてめんどくさくて。(爆)
ぶっちゃけ、ここまで我慢できずに、
実にストレートに誘っちゃったりしてオイタ→失敗ってケースも多々あるのですが。(ダメじゃん!!!)
成功事例はやっぱり、この「追わせる」パターンにうまくはまった場合です。
まぁ、出だしでウッカリ躓いても、
あとあとでいくらでもリカバリーできるのもまた恋愛力の差。(とかいって)
相手に「来させる」テクは、身に着けておけば応用が利きますので、
ぜひともマスターしておきたいですね。
デート一回目でウッカリやっちゃう、なんて
恋愛指南本が100%否定しているタブーを、
しょっちょう犯している私に、こうして彼氏ができてるのも
このおかげですからね。
(;´Д`)
まぁある意味、しょっちゅう失敗するからリカバリー上手になってるって気もするなぁ。
はははははは・・・_| ̄|○

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Bird より:

    いー加減な男子、Birdです。
    中身見抜けてないよね~、男子は。
    だから、外見やちょっとした仕草や行動に惹かれるの。
    ただね、そこに1つ大きな誤解があると思います。
    男性陣は確かにそういうのに弱い。すぐふらつく。
    だからこそ、外見だけじゃ結局ダメってことなの。
    見抜けない男子を近づけさせることは出来ても、
    それ以上にはならんのよ。
    いい男ってのは、そういうの以上に中身をしっかり感じ取れる人であるわけで、
    女子がいういい男ってのも、外見だけじゃダメでしょ?
    同じなのよ。
    「見え方」が違うだけで、「根っこ」は同じ。
    「外見」<「中身」って図式になるわけよ。
    解釈は違うけど、分かりやすく順番という言葉を使いますが、
    男性陣は「外見」が1番目のアクション。
    それから付き合うなどで「内面」という2番目を見る。
    女性陣は自分の生活を、自分自身を守ってくれる、養ってくれるために「中身」を1番目に重視します。
    これは仕事や年収、趣味、学歴など男性陣にはないカテゴリーの多彩さが出てきます。
    そして、「カッコいい」「渋い」などの「外見」が2番目。こっちもカテゴリーが多い。
    順番は分かりやすく付けましたが、基本的には同列になるはずです。
    男性陣は女性に対しては単純です。そして曖昧で、抽象的です。
    女性陣は男性に対しては複雑です。そして明確で、具体的です。
    この差が、男性と女性の相手に対しての要求や希望、願望の差になっていると思います。
    私の奥さんは決して美人ではありません。
    好みのタイプとも全然異なります。
    性格もざっくばらんなのに、小さなところで細かくて。
    でも、自分が自然でいられる場所だったんだと思います。
    ついでにどなたかのコメントにもありましたが、
    彼女の方が学歴も上、年収も上でした。
    ご実家も家柄が良いです。(お父様は政治家ですし、そのご兄弟は市立病院の院長だったり、画家だったり、先祖も武将だったり…)
    えぇ、私は「馬の骨」でした。(実際に言われました)
    でも、関係ないですね。
    家を選んだ訳でも、学歴を選んだ訳ではありません。
    自分の選択に迷いはありません。
    気にしないことです。
    自分を小さくしてはいけません。
    ということで、私もカワイイ子は大好きですが、
    「外見は、内面を映す鏡である。」
    内面が素敵な人は外面も素敵なのです。

  2. 恋愛部長 より:

    >Birdさん
    男性の貴重な意見ありがとうございます~
    もちろん、結局は男性も中身で選ぶ、と私も思いますよ。でもさ、最初のきっかけはけっこうあてずっぽうだからね。(;´Д`)
    だから、女性の方から選んで、近づいてったほうがいいわけでしょ?ね。
    男性は、ある意味、付き合ってみて「おお意外といい女だった!」なんてのんきなこと考えるでしょうが。女子のほうは最初から計算ずくで行ってるわけです。偶然で合うわけないの!あんたじゃなくて、こっちが選んでんの!と言いたい(爆)
    結局最後に勝つのは、中身のいい女。
    外見だけ女に表面的などーでもいいことで負けないためにも、その辺の心理を知っておこうよ、というのが私の意見です。別に、外見だけ女になれってことじゃないですからね!まー分かってると思いますが。(;´Д`)

  3. Bird より:

    そうですね。確かにあてずっぽうなのかもしれませんね。
    「選ぶ』という面においては、諸条件が細かいのは
    女性なのかもしれません。
    この細かいってのも、小さいことまで…っていう細かさではなく、よく見るっていう意味でですね。
    男性のあてずっぽうで、外見だけの女に持ってかれるのは
    女性としては不甲斐ない訳で、部長のおっしゃるように「どーでもいいことで負けない」ってための最低限のおしゃれなのか、教養なのか、仕草なのか、何なのかはあった方がいいってことですわな。
    外見だけなんて、男も女も腐るほどいますよ。
    見た目は誤摩化せても中身は誤摩化せないですからね。
    追記
    そういえば、少し前にメール送ったのですが、見てないでしょ?

  4. 恋愛部長 より:

    >birdさん
    どもども。
    男性の外見だけって、実は女子の間では全然馬鹿にされてたりするんですよね。(;´Д`)まぁ女子でも、中身があまりにヤバイ場合の外見だけ女子は同じかもだけど。
    でも最初の入りがね~、男性は大事じゃないですか。まず好みじゃないと、目に入らないっていうね。そのためにも、多少こっちは自衛すべきなんですよ。中身だけ見抜ける男なんてほとんどいませんからね!!(爆)