スポンサーリンク

その我慢、一生つきあえる?

クリスマスですね~
って、私はもともと仕事人間なので、
忙しい年は、
「クリスマスとか言ってんな!!」とか悔し涙しながら、
それでも家族もちのおじさまが帰っていくのを見送ったりすることが多かったんですが。
でも一応最近は、
イブの夜に打ち合わせ、とかなくなったね。(;´Д`)
なので、こんな日に会社にいるのはなんか妙に心寒いんですけど。
まー、それでも、忙しい彼をお持ちの皆さん、
しょうがないよ、忙しい男とつきあった時点で、
イベントごとはあきらめたほうがいい!
と言っておく。うん。
待たれても困るって状況あるかんね。
でもさ、私ほんとつくずく思うんだけど。
人によって、大事なことって違うじゃん?
私も同じ会社で同じ仕事してる人でも、違うって思うもん。
ある人にとっては、仕事よりも家庭だったり彼女だったりする。
もしくは自分の趣味のために、何が何でも帰っちゃったりさ。
その一方で、異常なまでの情熱で、仕事に打ち込む人もいる。
男でも、女でも。
それって、その人その人の、
人生におけるプライオリティの差だと思うの。
別に、その人が人非人なわけでもないし、恋愛ベタなわけでもない。草食でもない。(;´Д`)
たとえばだ。
私が元彼と別れた一番大きな理由。
それは、意外にも、
この仕事に対するスタンスの差だったんだよね。
もちろん彼も仕事大好きだし、すごく働き者だけど、
私にとって、仕事は仕事以上って言うかな。
ものつくってないと、何か生み出してないと、生きていけないの。
(本のプロフィールには書いたけど、私の仕事は企画です)
仕事と生活を切り離せないし、
あるときは、仕事を先に持ってくることもある。
家庭的なものを求められても、応えられないことがある。
それが、自分にものすごいストレスになってしまった。
きっと私は、彼の100点を取りたかったんでしょう。好きだったから。
でも、私は、100点とろうとがんばればがんばるほど、
自分の好きなことを犠牲にして、我慢して、
勝手にがんばったくせに自己嫌悪して。
まぁ私自身の思い込みもあるのかもしれないけど。
でも、
最後は、自分の人生をどうしたいかで、
結婚することより、守られて暮らすことより、
ずっと自分がやりたいこと、やりたい仕事をしていくことを選んでしまった。
ものをつくってない私は、
私ではないから。
ものを書いてない私は、
私ではないから。
実は、留学中に、外国人の友達に言われたの。
「君は、今やっている仕事も含めて、君なんじゃないの。
それをまるごと好きになって、認めてくれる人とじゃなきゃ結婚しちゃ駄目だよ」って。
びっくりした。
心の中のもやもやを、言葉にされた気がした。
私が、なんとなく迷ってる感じが、
外国の人なのにはっきり伝わってて、言い当てられた。
ほしかったのは、
その言葉なんだ、と知ったのです。
「君が君でいるということだけで、好きだ、というよ。僕だったら。」
なんで、知らない国の、会ったばっかの人が言った言葉が、
私のほしい言葉なんだろう。
どうしてこの言葉を、私は、大好きな彼から聞くことが出来なかったんだろう。
それは、私にも責任があって。
彼に好かれたくて、
彼に嫌われたくなくて、
彼にもっと素敵な子だって思われたくて、
何より、自分の仕事を全うすることに自信がなくなってて、
彼の望む人になって生きていくのもいいかなって。
そんな風にどこかで思い始めてたんじゃないかなと。
でも、やっぱりどこへ逃げても、私はいつか私に戻ってしまって、
私としてしか生きていけないことを思い知る。
女らしくなくても、
結婚したくないって思われても、(笑)
私は、私にしか、なれない。
そして、そんな私を、
そのまままるごと好きだといってくれる、
それこそものすごく稀有な人を、
見つけるしかないなって。
最近は、相談を見てても思うの。
今だけの我慢じゃないよ。
その人を好きでいることで苦しいでしょ?
その苦しみは、自分で乗り越えない限り、一生続くんだよ。
彼の愛情表現が気に入らないとする。
彼が仕事に打ち込みすぎて不満だとする。
でも、それは、自分が考え方を変えて、
それでも幸せ!って思えない限り、
一生続くよ。
結婚したらって考えてみればわかるよ。
こんな苦しみ、こんな我慢を一生続けていけるのかって。
いける?無理じゃない?
そしたら、いまだけの執着だけで、一生決めちゃ駄目だよ。
自分の人生を守れるのは、
自分しかいないんだから。
年齢で焦るのもあるよ、
私も、自分の彼氏があまりによく出来た人だったし、
やさしいし、マメだし、私をとっても大事にしてくれたし、
ある意味、ほかの女の子から見たら、
「超あたりじゃないですか!!!!何言ってんの!」って感じだと思うけど、
そしていまでも尊敬してるし、大好きだけど。
でも。
私の生きていきたい方向と、
彼が心のそこで望んでいるものが違うのであれば。
やっぱり一生は我慢できない。
いまは好きだから我慢するパワーがあっても。
もしも好きパワーがなくなってきたら、
私はきっと、後悔する。
そんな気がするから。
何も、合わない人と無理してうまく行かせようとすることないよ。
そこまでして結婚しなきゃいけない理由なんかないよ。
そういう人が無理して我慢して結婚しても、
いつか「夫を好きでなくなりました」なんて言ってダブル不倫とかにはまるんだよ。
イブの日に、すごく暗い話になっちゃったけどさ。
でも、
クリスマスだし、寂しいし、
もうつらくて苦しくて、なきたい、というなら、一度、
この我慢、本当に一生していくべきもの?
それとも我慢を我慢と思わないで済む方法はある?
って考えてみるのはどうでしょう。
私は、開き直ってからはずいぶん楽になりましたよ。
いまは、仕事も、毎日、充実してて楽しいです。
そう、
私は、この仕事を、やめることなんか、できないんです。
だって、
それをやっていてこそ私、なんですもの。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. みゅう より:

    部長さんこんばんわ(^^)今日も素敵なお話を、それも二つも!ありがとうございます。
    そこまで好きなお仕事があること、羨ましいです。
    そして、部長さんをありのまま、まるごと愛してくれる人、必ず現れるように思いました。それにはまず、自分が自分を大切にすることが大事なんですね。
    私は外人さんの言葉を「あなたがあなたでいるということだけで好きだ」と置き換えて、彼のことを考えてみました。どうだろう?でも、そんな風に愛したい。忙しい彼。今日も明日も一人、ケーキを頬張る日々です(^_^;)

  2. hoshino より:

    いつも部長さんのお話に励まされてます!!
    すごく支えになってます。私も忙しい彼がいます。でも、自分が選んだ道。彼のことが好きだから、自分を癒す方法を考えます。部長さん。これからも頼りにしてます!!

  3. サンドラ より:

    以前。部室でお世話になったサンドラです。
    最近の部長さんの言葉はズシーンと胸の奥に響きます。今日も未だ連絡の取れない海外にいる彼を思い涙して…PCを開けたらドンピシャな内容…びっくりです!
    モヤモヤがピークに達した時、共通の知人より彼の連絡先を聞きました。元気?とだけ2週間前にメールして、今日、連絡がほしいとメールしました。
    私にとって決戦の決断の決の日…
    このモヤモヤを手放したくて自分で決めました。もし、彼ではないと確信したら次は私を丸ごと好きになってくれる人をさがす準備をします。新年を迎える準備と一緒に…
    部長さん、いつもありがとうございます。
    (長文でごめんなさい)

  4. ヒナ より:

    その海外の方、なんてイイ男なんだ!!(笑)
    前の記事を読んだときも思ったんですが、日本って固定観念でガチガチな気がします。
    何歳で結婚して何歳で出産して、なんて、それに何の意味があるの?
    私も部長のツメのアカを少しいただいて、『この人なら結婚したい』って思える男性に出会えるように自分磨きします
    (*^ω^*)
    本のご出版おめでとうございます!

  5. さき より:

    いつもこのblogを楽しみにしている一人です!初コメントですっ。
    部長さまの言葉にはいつも励まされています(>_<)今回はイベントごとはあきらめたほうがいいと書かれていたのをみて、すっきりしました。もし忙しい彼のことをその点を含めて愛することができないならそれまでにします(T_T)今は約3ヶ月放置(自然消滅!?いえ、浮気する暇もないくらい忙しいのは事実です)で、誕生日もスルーされましたが(泣)、まだ余力があるんで頑張ってみます!疲れてしまった時はツライですけど、さよならします。運命の人ならまた結ばれますよね?(笑)ありがとうございました。

  6. ふーちん より:

    はじめまして^^
    前から読ませてもらってました
    部長さんのような考え方を持っている女性ってすご~く魅力的だなぁって思いますよw
    男なんですけど部長さんの考えに共感することが多くて、女性脳の割合が高いみたいなんですよね俺・・・っても草食系とかじゃないんですけどね^^;
    みなさんが素敵なクリスマスを過ごせますように☆

  7. サンドラ より:

    ヒナさん、イイ男だと思ったんですけどねf^_^;
    クリスマスだから<決>の日に決めたわけではなく…メールしやすいかなと(笑)
    クリスマスのイルミネーションに負けないキラキラな部長さんをはじめ、皆様にMerryChristmas!

  8. ゆり より:

    恋愛部長さま、
    私も、仕事を愛する私を愛してくれる人をずっと探し求めているのですが、なかなか難しいですね。がんばればがんばるほど、対等にもの言う女は仲間ではあっても恋愛対象にはしにくいみたいですよね、男の人って。
    で、私は常勤職ではなく、収入低いので、恋愛部長さんみたいにスパッと言い切れない部分があって。常勤職につくにはやりたい仕事をあきらめて他の仕事を探すほうがいいような仕事なんですが、まだあきらめきれず、でもどんどん歳はとっていくので、日本社会で生き抜くにはそろそろ仕事のこと、しっかり考えないとならない時期に来ています。
    気になる人はいるけれど、こういう思いをぶつけるのは負担だろうし、何よりその人自身がいろいろ抱えてしんどい思いしてるのわかってるので、なかなか難しいです。心はその人にしか向いていないから、しばらく様子見てみますけどね。

  9. アヒル より:

    こんにちは。
    とてもスッキリしました。
    ありがとうございます。。