スポンサーリンク

傷ついたから分かること

 私は、今まで、とってもたくさんの間違いを繰り返してきました。
何度も言いますが、私は、全然恋の達人ではありません。(;´Д`)
いまだに、自分のこととなると、
あっという間に視界が狭くなって、
ドキドキして、
「恋愛部長助けて!」とか意味不明なことを言ってしまうくらいです。(馬鹿)
大事な人を傷つけました。
がっかりさせました。
一生をいっしょに、と思った人さえも、
不幸の淵に突き落としました。
とてもじゃないけど、
人に誇れるもんじゃありません。
こんな私が、
恋愛ブログなどやっていいのだろうか?と悩んだこともいっぱい。(苦笑)
正直、ブログを閉めようとおもったことも何度も!あります。
でも、みなさんが、「うまく行きました!」「幸せになりました!」と言ってくれることばに支えられて、
ここまで来れたんだなと思います。
今も、深い深い迷いの中にいます。
苦しいです。
自分が苦しめてしまった人を思うと、
涙が出そうなほどです。
恋とはなんと残酷なものだろうと思う。
私は彼を好きでいたのに、
深い愛情を感じていたのに、
それでも、彼を不幸にしてしまった。
それに関して申し開きもできない。
だれよりも幸せにしたいと、誓った人を。
今までは、
自分が振られて傷ついたときは、
こんな風に、苦しんだりしなかった。
失恋したよ!って騒いで、
「あんな男忘れて次行こう!」って勇ましく宣言して、
それでよかった。
でも、いまは違います。
彼が涙を浮かべて、
「何でも変えられるよ」と言ってくれた、
その手を、自分でふりほどいて、
私はわんわん泣いていました。
どうして、私は、
こんなに好きでいてくれる人の手を、
あんなに愛した人の手を、
ふりほどくんだろうか。
どこまで深い業が、私に、あるんだろうか。
私が幸せになる権利は、
この先、一体あるんだろうか。
こんなに誰かを傷つけた私が。
何度も何度も思い出します。
何度も何度も、
胸が張り裂けそうになります。
後悔しない、と決めたはずの、
心の奥が、痛むのです。
ずきずきと、いまも、
痛むのです。
恋愛で、傷つくのは、
別れを告げられる側だけではない。
別れを決断したほうも、
同じように、苦しいのだと。
はじめて思い知りました。
昔は、
ただもう振り払いたいような衝動で、
ひどい別れ方をしたこともあった。
あのときは、このようなもの思いを知りませんでした。
たぶん、もっと傲慢で、若かったんでしょうね。
歳をとるにつけ、
恋とは、もっと深く、そして、人間同士の想いのやり取りになります。
ただ情熱的に想いをぶつけるのでなしに、
徐々に近づき、思いやり、譲り合い、
相手を受け入れて、のみこんで、いっしょに歩いて行く決意を固めて行く。
そういう過程を経た恋は、
自分から引き離すときに、
思いもかけない苦しみを私たちに与えます。
私は、結婚も離婚もしたことはないけれど、
たぶん、離婚するととても疲弊するのは、
そういう、色恋の域を超えた、人間同士のやり取りがそこにあるからなのだと
おぼろげに思うのです。
私が選択した道を、
訝しく思う人はたくさんいます。
「38にもなって、何考えているんだ」
「あんなよくできた人と別れて何様だ」
そういう風に言う人もいるし、
まったくその通りだと思います。
私自身、自分の選択の非道さに、不条理さに、
自問自答して今も苦しんでいます。
ふと、さびしさを感じるときに、
今でも、彼のことを思います。
もうそばにはいない彼を思います。
自分が、ふりほどいた、腕のあたたかさを思います。
でも、人生とは、
すべてが、割り切れるものではなく、
すべての恋が、幸せに成就するわけではない。
だからこそ、好きな人を想い、想われ、
ともにいられることは、いかに奇跡であり、得難いものであるか。
そして、一生に一人と決める人が、
本当に自分の求めていた人であることは、
どんなに幸福なことなのだろうと、
思います。
私の選択を責められても仕方ないし、
とても自己中心的だと思うひともいるでしょう。
なんて馬鹿な人だと、柔軟性のない、頑固な女だと思うかもしれません。
でも、彼の人生を想って、
お互いの人生を想って、
私が別れを選択したことは事実で、
それは、みんなに分かってもらえなくても、どうでもいいことなのです。
そして、恋のやり取りのすべては、
最後は、結局、その当事者以外は、
真実を知らないものなのだと思います。
誰も、他人の恋を裁くことはできません。
裁きは、本人だけが受けるものです。
どんなに恋に傷ついたかは、
傷ついた本人しか分からない。
そして、
それを、正しいとも、間違っているとも言えないのだと思います。
そして。
私は思うのです。
何度も何度も、馬鹿の一つ覚えのように、
繰り返し、間違い、人を傷つけ、
自分を傷つける、この恋、というおそろしい魔物を、
私は、それでもやめられない、ということ。
人を想い、強く慕わしく思い、苦しみ、欲しがり、
信じられないほどの幸福を感じ、
自分が生きてきた意味を知り、
そして、誰かを理解するということの、
誰かと生きて行くということの難しさを知る、
そのすべてが、
私をより強くして、
他人に対する深い愛情に変えてくれるのだと。
昔、私は、
本当に何も知らない、傲慢な子供でした。
友達が恋に傷ついても、
あっさりと、「そんな男わすれればいいのに」と平気で言っていました。
いまでは考えられないでしょ。(;´Д`)
でも、本当に、そのころの私は、恋愛未経験者でした。
でも自分自身が、
とてもひどい恋に我を忘れ、
死んでしまいたいと思うほど傷ついたときに、
まるで封印されたドアが開いたように、
今まで聞いてきた友達の恋の話が、心の中にすっと入ってきたのです。
「あぁ、こういうことだったんだ!」と目が覚めた思いでした。
それからは、
誰よりも熱心に、傷ついた友達の話を聞き、
その人といっしょに悩み、
ときにはいっしょに泣いたり怒ったりしながら、
恋の荒波に立ち向かってきました。
それでも、私には理解できないくらい、
びっくりするほどつらい思いをする人はいます。
そんな恋はあります。
そして、それは、
その人にしか分からない、恋の迷路なんだと思います。
もちろん、
苦しい想いをしないで済む恋もありますよ。
傷つくことも傷つけることも知らずに済む人が。
でも、私は、
傷ついたからこそ分かる気持ちがあるんだと思います。
どんな立場の人も、
一般に、「あいつは彼女を振ったひどいやつだ」と言われる男性でも、
その人にしか分からない苦しみはある。
誰だって、等しく傷つくのです。
恋は、すべてを与え、すべてを奪う。
だからこそ、
その恐ろしさは、
たとえようもない幸福と、裏表なのだと思います。
苦しんでも、苦しんでも、
その間、信じられない幸福を味わったから。
私は、誰をも恨まない。
運命をのろわない。
そして、自分を許してあげようと思う。
誰かを真剣に愛して、
その人のことを自分のことよりも先に考えて、
死んでもいいくらい愛した、その事実は、
自分だけが知っていること。
誰に、認めてもらわなくても。
恋は、
おそろしいものです。
ある日、
すべてを、
完全に、
変える。
もう二度と、
もとには戻らないくらい。
それでも、
恋をすることでしか、
私たちは、
手に入れられないものがある。
苦しみを、
乗り越えたときにしか、
見えない風景がある。
きっと、
子供を生み、家庭を守る、
そのために傷つかない強さを、
私たちは、恋することで学んでいるのだと。
誰かを無条件で愛することの素晴らしさを、
この先もずっと伝えて行くために、
愛がすべてを壊し、
すべてを許す、
その力を、
誰かに伝えていくために。
どんなに傷ついても、
どんなに誰かを傷つけても、
それでも、
恋をすることを、私は止められない。
人を、恋しいと思う気持ちは、消すことができない。
そのすべてのもの思いを、
私はとてもいとおしいものだと、
思うのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. やまお より:

    部長様
    やまおでございます
    心が痛いのは 生きてるからなんですね
    痛みから逃げないことも大事なことですね
    私事ですが 昔大好きな人とお互いのため お別れをしたことがあります 彼は『人はいつか必ず忘れるから』と言いました
    なんてきついコトを とその時は思いましたが 病的なくらい激やせしてしまった彼を見て 私にはもちろん 自分自身に言い聞かせていたと知りました
    大事な人とお別れしてまで選んだ道は 間違ってなかったと思えるよう 前向きに生きていこうと思いました
    山あり谷ありですね
    部長様 またひとついい女になりますね
    ここしばらく ときめきも痛みも感じていない私には まぶしいばかりです
    (つらい時に不謹慎でスミマセン)
    明日も楽しくいきましょうっ

  2. いしだ より:

    恋愛部長さま
    初めまして、いしだと申します。
    ずっと前からブログの大ファンです。
    今回のお話は、読んでいると部長さまの気持ちが、すごく伝わってきて私まで悲しくなってしまいました・・・。
    とにかく、とにかく、切ないです~~~~。

  3. ラブコ より:

    私も36歳でまだ結婚してないんですけど部長さんの気持ち 凄く共感します。 そして、応援してます!
    同世代としてお互い、頑張りましょうね。

  4. sae より:

    読んで朝っぱらから号泣です。
    人並みはずれて繊細な心
    そんな自分の心を迷わせ悩ませながら
    人並み以上の努力で築き上げてきたから
    いろんな人の気持ちがわかる・・・
    そんな部長のサイトの部室だからこそ
    相談したいと思いました。
    文に人が表れるのを、改めて感じています。
    いつも、いろんなこと教えてくださって
    ありがとうございます。
    私ももっと、心が広くて
    たおやかな人になりたいです。

  5. そよかぜ号 より:

    部長さん…
    傷ついた心でさえも文章にして、分かち合って下さってありがとう。

  6. ミィ より:

    はじめまして、こんにちは。ミィと申します。
    本をきっかけにお邪魔して以来、ずっとこのブログのファンでしたが、
    初めてコメントさせていただきます。
    朝から・・・この記事を読んで泣いてしまいました。
    自分の経験と重ね合わせてしまい、、、
    忘れることができないその経験を、彼を、思い出してしまうことを
    ずっと自分で自分を責めていたんです、どこかで。
    でも、そんな経験があるからこそ、今の自分がいるからいいんだ
    と思わせていただきました。
    すごく、心にきました。
    これからも遊びにきます!!

  7. ブロッサム より:

    部長さん、こんにちは。
    私も恋愛だけでなく、大切な人を傷付けたり、傷付いたり…あります。
    あるテレビ番組で女子スポーツ選手の父さんが出られていて、司会者から娘さんの恋愛に関して冷やかされてた時、そのお父さんが「よし、わかった!恋して、愛して、結婚しろ!!!」って娘さんに言ってました。
    その時落ち込んでたので、この言葉はカナリ心に響きました。
    恋は終わりばかりじゃないってこと。
    誰かを愛することは、次に受け継がれること。
    とても素敵な言葉だと思い、コメしました。

  8. ちい より:

    私は本当に自分が辛い時に、周囲の温かさ、人の痛み、新しい自分、…等、本当に沢山の大切な気付きがありました。
    確かに心ない言葉もありました。
    興味本意だけの介入もありました。
    でも、いろんな事に気付けたこの期間は自分にとって決して無駄なんかじゃない!自分の人生に不可欠な時なんだ!!って思えるようになりました。
    傷ついて奮い立つ事を繰り返し人は強くしなやかに、深みを増して行くのでしょうか。
    そうで在りたいものです。
    経験してみなければ他人の本当の傷みはわかりません。想像では到底及ばない辛さ苦しさがあるからです。
    様々な経験をされ、悩みながらも進んでこられた部長さんの言葉だからこそ心の奥に響き、私達は救われているのだと思います。

  9. YOU より:

    部長さん。はじめまして(^-^)
    今のところまだまともな恋愛経験が一度もない、17歳のYOUと申します。
    ずっと陰からこっそり応援してきたのですが、この記事を読んでいたらなぜだかコメントしてみたい衝動にかられて…。せっかくの機会だし本能の勢いに任せて書き込んでいます。(笑)
    部長さんの核心を衝いた言葉はほんとうにいつも勉強になっています。
    部長さんが選ぶ言葉の、やさしくて強い前向きなパワーをたくさん受けて、青臭いながら私も「いい女になるぞ~っ!」と開眼し(笑)、せっせと足を運んでもう半年以上が経ちました。
    ここへ遊びに来るとハッピーになれるから大すきです(^_-)◎
    ところで、ずいぶん前に聞いた言葉で 誰の言ったものかちょっと覚えがないのですが…。
    「女は傷つけて 男は傷つけられてオトナになる。」と聴いたことがあります。
    部長さんが書いたこの記事を読んでいたらフッと思い出して。(もし部長さんの言葉だったらどうしよう=_=;)(笑)
    最近の私はよく、悪い意味じゃなくて「男性がいてこその女性だし、女性がいてこその男性なのかなぁ」としみじみ感じています。
    「いい男」もそうだけど、女目線で見て「いい女」と言われて連想する人って、結構数少なくて、貴重な存在なんじゃないかなと思うんですね。
    ただただ素直にあの人にはかなわないって感じさせられるような、かっこいいから憧れてしまう女というか。もし私が男だったらこういう女性に惹かれるんだろうなぁとか妄想してしまう女の人…。
    私もそんな、私にとっての部長さんみたいな人に近づけるように、毎日を楽しんでがんばろうって改めて思います(^-^)
    「気づかせてくれる人」になりたいのかなぁ。。
    …なんだかひたすら愛を叫んだだけのまとまらない文章になってしまいました。申し訳ないです。(笑)
    これからも、楽しんで稽古をつけてもらうような気分でお邪魔します!(^^)!
    お仕事も身体が無理しないペースでがんばってくださいね☆
    長文失礼しました。最後まで読んでくださってありがとうございます(*^^*)

  10. kyoko より:

    なぜ別れるのか。
    それは次に出会いがまっているからだ、と
    私は思っています。
    その基準なんてまちまち、
    むしろ無いかもしれないけど
    「幸せ」というものに近い人ほど
    より今を辛く感じるものかと。
    誰も傷つけずになんて生きていけない。
    できれば傷つけたくないけれど
    傷つけることも
    傷つけあうこともあるんだ、と
    色んな経験を通じて感じます。
    受け入れなければならないことを
    受け入れられずにいる間こそ
    苦しみは増すように思います。
    部長、今は殻にこもって
    自分を守って癒してあげてください。
    殻の厚みが増してきたって構わないですよ。
    殻は必ずわれます。
    割れ目ができれば少しの光がみえてきて
    あとは光をたよりに殻をぶちやぶってください。
    今の時間は絶対に無駄じゃないですから!!!!

  11. ミサキ より:

    部長サン、こんにちは。
    いつも心に響く記事を、ありがとうございます。
    私は30才になるいままで一度も恋人ができたことがありません。
    情けないけど、いつも片思いばかりで、恋人の事で悩んでいる友人に『そんな男やめちゃいなよ』なんて偉そうに言ってました。
    人の気持ちが分からないって、なんて残酷なんだろう‥と反省しました。
    片思いだってフラれたら死ぬほどツライのに‥大切に思いあったがゆえに選ばなければならなかった別れは、きっと想像を絶する苦しみなんでしょうね‥。
    部長サンが選んだ道は、2人を幸せに導くための選択だったんですよね。
    恋の痛みは、きっと時間だけが癒やしてくれるものだと思います。
    いまは、ゆっくり休んでくださいね。
    部長サンの幸せを心から祈っています。
    (*´人`*)

  12. ひとみ より:

    なんだか、いろいろな想いがあって、苦しいような…切ないような…
    ごめんなさい、うまく言えないですけど。
    部長さん。
    そして、コメントを寄せている皆さんも
    とっても素敵な文章をありがとうございます。

  13. アリス より:

    毎日、読ませていただいてます。
    気づかされることや「そうそう!」って思うことばっかりです。今日の記事、読んでて本当にその通りだなって思いました。別れを決断したほうも同じように苦しいのだと。。。本当にその通りだと思います。特に愛してる人を手放すことは本当に辛くて辛くて苦しくてたまりません。でも、そうしないといけない時もあるんですよね。。。自分自身のために相手のためにそうしないといけないこともあるんですよね。。。私も実感しています。
    結局は、自分が結論を出すしかない。周りが何を言おうが、当人同士にしかわからないことってたくさんありますもん。恋愛部長、ありがとうございます。これからも応援してます!

  14. マヨ より:

    部長さん、初めまして。かなり年齢は上ですが、こっそり読んでがっつり参考にさせていただいております(笑)
    恋愛はいかに自分と違う相手を尊重できるかどうかだと思います。
    違うという認識がなかなか難しいし気持ちが分からなくて当然で、でも相手と少しずつ擦り合わせしていく事を楽しいと感じるかどうかなのかなって最近気づきました。
    恋のいばら道…本当にステキな題名です。いばらの先の『愛』はきっと温かいと信じています。

  15. みゅう より:

    部長さん、ありがとうございます(^。^)大切な気づきをいっぱい与えてくれる、すばらしいメッセージでした。
    読んでいてふと、遠藤周作さんの本を思い出し、引っ張り出して来ました。
    「たとえば、私くらいの歳になると、夜中にふっと目が覚めることがあります。……私は、私の人生の中を通り過ぎた人のことをやっぱり考えます。私がその人の人生を通り過ぎたために、本来行く道が曲がってしまったという人がいると思うのです。……それを考えていたら、神様、何とかあの人のためになってやってくださいと言いたくなります。それは自力ではどうにもなりません。」
    部長さん、blogも部室も続けてくださいね!私も部員として、少しずつですが成長するように頑張りますので(^^)/

  16. きく より:

    人一倍愛情深く、どんな時も人間らしい部長を尊敬してます。
    愛するがゆえの究極の選択それでもまた恋をするのは
    傷つき、傷つけた
    以上の相手との結び付きの深さを感じます。
    このblogは部長の人生そのものですね。

  17. たらこ より:

    恋愛部長こんばんは。以前から恋愛部長のブログの大ファンです。
    「恋のやりとりのすべては、結局、最後は当事者しか真実はわからない」
    本当にその通りだと思います。とっても共感出来ました。
    私も部長と同じような事が35歳の時にありました。周りからはいろいろ言われましたが、その時にこの言葉が正に私の気持ちでした。
    今、あの時の決断は間違いではなかったと思ってます。
    恋愛部長と一緒に、私も今、自分を磨いてまた恋をしたいと思ってます。
    前向きに明るく笑顔で進んでいきましょうね!「笑う門には福来る」です(*^∇^*)♪

  18. サンドラ より:

    部長様
    以前部室で助けていただいたサンドラです。
    部長さんの心の天気が不穏な感じでしたので、何か私にもできないかとコメントさせていただきました。
    今日の記事は聖書を連想させました。
    物事は当事者しかわからないことが多いけれど、そこを埋めるのは想像力。
    色んな経験をして心のひだが増えて、周りの人を大切にできると思います。
    心の成長が早い遅いがあるし、わからない人には永久にわからないかもしれない。
    でも大切に思う気持ちがきっと、伝わるはず。
    心ない言葉や態度、不安に折れることなく柳のようしなやかに…そして芯は強く…
    休憩が終わったら、ボチボチ芽吹きましょう。

  19. リボン より:

    初めまして。いつも読ませていただいてます。
    大好きなのに、自分から手放すのは、相当エネルギーが必要で…。部長さまは、すごいんです。私には、できないかもしれません。
    今はただ、カナシイですよね。彼を忘れる自分も、彼に忘れられてしまう自分もカナシイです。時間をかけて、そんな自分を認めていくしかないんですね…。
    部長さまの大事な思いをありがとうございます。感動しました。
    私も彼の人生そのものを愛せるくらいの気持ちになりたいです。

  20. Ky より:

    はじめまして
    じつは かなり勉強させてもらってます
    いつも仰っておられる ネガになる気持ちを ポジにする事で
    沢山 いい事ありました
    ありがとうございます

  21. tomo より:

    部長さま
    はじめまして。
    一昨日、本屋さんで平積みされていた
    部長さんの本を初めて手に取り、
    その後気になって気になって昨日購入し、
    一気に読ませていただいて
    色々反省するところがあり、
    “あぁ、心を入れ替えよう!
    部長さん、ありがとう!!”って
    思っていたところでした。
    なので、今初めてブログにアクセスさせていただいて
    びっくりしました。
    今は私は恋愛初期の入り口にいて
    これからいいことがあるかなぁ♪という
    かなり軽いような気分なんですが
    記事を読んで
    思い出しました。
    すごく大好きだった人への想いが
    特に何があったわけでもなく、
    自分の中で変わってきてしまって
    自分の想いの変化が悲しくて
    毎日どうしようもない気分になったことを…。
    こんな辛い気分ならいっそ
    自分の気持ちが変わらないうちに
    振られた方がずっと楽だったということを…。
    恋をすると楽しいことばかりじゃなくて
    心のアップダウンが激しくて大変で
    つまらないことも色々考えてしまって…
    もうこんな思いはするまい!って思いますけども
    恋が一番自分を成長させてくれることも事実なんですよね。。
    部長さん、時間はまだかかると思いますが
    今はちょっとゆっくりしてください。
    いつもありがとうございます。

  22. ひまわり より:

    以前コメントしたひまわりです。彼の事を信じたかったし信じようと思ったけど、彼は結局、嘘をついてました。
    度々、嘘をつかれる事に疲れてしまい、信用できなくて今日別れました。正しい選択だったのかどうか分かりませんがこれから先を考えると少しはスッキリしたような気がします。
    今回の部長さんの言葉に涙が止まりませんでした。人を愛するって難しいです。まだ立ち直れませんが、前向きに頑張っていきたいです。

  23. tsumiki より:

    部長さんはじめまして。
    「表裏一体」という言葉が思い浮かびました。
     
    幸せの基準って人それぞれ 
    気持ちの持ち方で、幸とも不幸とも変わり、
    つらいことを経験して、成長できる
    その決断が正しいか間違ってるかなんてわからない。
    でも決断しなきゃいけないときがある。
    結局は自分がどうしたいか、
    どこにいいたいのか、、、、、、
    前に進むしかないんですよね。
    毎回、ブログ共感してます。心に響きました。本当に為になります!感謝です!

  24. キャラ より:

    はじめまして。
    約10ヵ月前から、仕事が激務の男性を好きになり、彼の力になりたいとこのブログを参考にさせて頂いてましたが…
    ここ3ヶ月くらいで、彼の元カノが急浮上し、忙しく全てに余裕の無い彼は、楽な元カノを選んでしまいました…
    今週末、彼の結婚式です。
    これからも参考にさせて頂きます。
    頑張って下さい。

  25. ソルト より:

    いつも部長殿のブログに救われている一人です。
    部室でも一度アドバイス頂きました。
    本当にありがとうございました。
    今回の記事はアップされて直ぐに読んでいたんですが、今日改めて読み返して涙が止まりませんでした。
    最初に読んだ時と今とでは心情等々変わったからなのかもしれません。
    部長殿の謂わんとしていることが分かるようになったのかもしれません。
    「誰かを真剣に愛して、
    その人のことを自分のことよりも先に考えて、
    死んでもいいくらい愛した、その事実は、
    自分だけが知っていること。
    誰に、認めてもらわなくても。」
    読んでいて、"あぁそうなんだなぁ…"としみじみ思いました。
    周りがとやかく言おうと自分達の恋愛は自分達にしか分かりませんよね…
    私はひっそりこの恋に区切りをつけることにしました。
    暫くは誰にもこの事は話しません。
    良く頑張った!と自分を褒め、許して前に進みたいです。
    傷つきながらも それでも、恋がしたい…という気持ちは消えませんでした。
    そんな自分の気持ちに少し驚きましたが。。。
    (・◇・)
    傷ついたからこそ前に進めるんだと思います。

  26. マカロン より:

    はじめまして、友人にこのブログを教えてもらいきました。
    1日に初彼と別れたばかりで、生まれて初めて、6日も連続で泣きました。
    この記事を読んでも涙が出てきました。
    両親の離婚のせいで、結婚はしたくないと思っていた私が、彼にあってかわりました。彼との未来を夢みていました。
    お互い嫌いになって別れたのではないので、…でもかなり酷いことを別れ話で言われたのでだいぶ傷付いたのですが、それでも未練たらたらです。
    彼は留学(しかも期間不明)にいくのでもう会わないと思いますが…帰りを待っていたかったです。
    でもこのブログを読んで、ほんとうに励まされました。
    この今の辛さが思い出にかわって、新しい恋が早くみつかればいいなと思います