スポンサーリンク

ご無沙汰してすみません。。

ほんとーーーに、すみません。

まったく更新をさぼってました。

っていうか、別に雲隠れしてるわけでもうつ病になってたわけでもないのは、

twitterとかのぞけば分かっていただけると思いますが。

いやー311がね。

結構堪えてましてね。

あ、皆さんは大丈夫でしたか?

被災された方、ご親族お友達にご不幸があった方、

心からお悔やみ申しあげます。

本当に、あれから何もかもが変わってしまいましたね。

表面上は変わってない毎日を送ってますが、

自分でも、すごくいろんなことを考えたし、

今まで当たり前だと思ってたこともすごくはかないものだったり、

とても頼りないものだったり、

かといって、今まで、

「嫌になったら海外に行っちゃえばいいや」とか軽く考えていたものが、

それって、帰る場所があるから言えることだったんだって。

日本があるから、東京に住む場所と、生きる場所と、受け入れてくれる社会があるから

外へ出てもいいっておもえてただけなんだって思い知ったりして。

改めて、これからの人生をどうしようかなーって考えてた。

そんで、仕事の面でも、このままではやっぱり駄目だから、

勇気を出して一歩踏み出していこうとか。

いろいろとね。

この先のことを。

この3カ月余りは、本当に、

好きだった人さえどうでもいい人に感じてしまう(笑)

驚くべき転換点だったね。

正直、

こんな命の危険とか、将来どうしていくかを考えなきゃいけない

極限状態で、(私は個人的にそんな切羽詰まってなかったけど)

「振り向いてくれない彼を想い続けるか」とか、

「二股されてつらいけど耐える・・」とか、

言ってる場合じゃないよ!!!!ねえ!!!!


とか思いませんでした?

私は、思った。

(;´Д`)


実は、震災後直後、原発がいよいよ危ないってときに、

昔の彼にバッタリ会って、ご飯食べ行ったんだよね。

お互い独り身で、私的には、過去最高に好きだった彼だったので、

「もしかしてこれって運命なの?!」とか

ドキドキしてみたり。


でもさ、ご飯食べてて話してて、

そりゃ昔どおりですよ。話も弾むし、

相変わらず趣味も考えもぴったり同調してて、

彼のことは私が一番分かってるんじゃない?ほら?って思った。


でも、そこにあった強烈な違和感。

それって、

その極限にピリピリした状態の中で、

彼が私を、

「命をかけて守ってやりたい」って

別に思ってない、ってすごく感じちゃったから。なんだよねー。


そりゃそうだ。別れて5年もたってる女に、

そんなこと感じるお気楽な男はいない。


でも、その感じが、2人の間の距離と、年月を

私に思い出させたんだよね。


あー、もう2人は、

ただの知り合いなんだな。

彼にとって私は、もうそういう存在になっちゃったんだな。って。


男の子ってさ、

自分が本気の女の子は、何が何でも自分のものだと思ってるから、

悪く言えば所有物みたいなものだから、

自分に属するものとして、

何が何でも守らなきゃって思ってる。

どんなに弱い男でも、

自力で守れないなりに、

「ねえ、早く逃げようよ!危ないよ!死んだらどうするんだよ!」

って言う。さわぐ。

相手が大事だから。いなくなっちゃうことなんか想像できないから。


平和な時は何とでも言える。

いいこともやさしいことも、言える。

もしくは何も言わないでも本気見せなくても

女の子が自分を好きでいてくれるって思ってる。


でもこういう状況になった時にさ、

本気の女の子には、絶対に連絡するだろうし、安否を気にするものだと思う。

そういうこと思いつかないような関係だったり、

彼のほうがもう自分のことで手いっぱいで、

こっちのことは頭から抜け落ちてるようなら、

それは悲しいけど、そういう程度のものなんだって思うしかないんだよね。


今回ほど、旦那さんっていいなーって思ったことはなかったね。

家族、自分が守るべきものって当たり前のように思ってる男の人が、

すごく頼れるように見えたし、

(どんなにおろおろしてる人でさえ)


同じように、自分もまた、

まず何より安否を気にして気もそぞろになるような存在、

何よりも守らなければと思えるもの、があってほしいと思った。

守るべきものがある人は、結局どこかですごく強い。

そこに、ひとつの大きな法則があるからね。

守るべき人を、守る。

何があっても、この人と、いっしょにいる。

という。


一人はやっぱりさびしい。

どう生きていくかを決めるのも

どこへ行くのかも、

自分で決められるから、決められない。

誰かのために、生きている人がうらやましい。。


でもある意味、

震災でハッキリしたことがあるのは。


どこにいても、どんな風に生きてても、


その人が何をしている誰なのか、ではなくて、

その人がその人であることが大事というか。

その人がいる場所が私の帰る場所だと

思えるような、

そんな人と一緒になりたいなと。


「あなたといっしょなら、

どこで何をして生きてても大丈夫。

ここが私の生きる場所なのよ」と、


おおらかに笑っていられるような

そんな人を見つけられたらなと思います。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. なつみ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ツイッターもいつも拝見させていただいてますm(__)m
    私は震災の後、彼の仕事がすごく忙しくなったらしく、フラれてしまいました。
    これは理由の一つに過ぎないとは思いますが…
    守り抜こうとは思ってもらえなかったということですね(:_;)
    女磨き!とか必死に頑張ってみてますが、気を抜くとまだまだ辛いです…
    部長さんは強い女性でホントに素敵だと思います(>_<)

  2. ばなお より:

    SECRET: 0
    PASS:
    部長さん、待ってました~~!
    久々の更新嬉しいです。
    これからも部長さんのペースで書きたい時に書いてくださいね。
    それで十分ですよ!!!
    それにしても、今回のお話も共感することが多くて・・・。
    「その人がいる場所が私の帰る場所」かあ。
    素敵な場所ですね。

  3. より:

    SECRET: 0
    PASS:
    待ってました。なんとなくアクセスしてみました。更新されてて無事でいらっしゃってよかったです!
    一人でもさみしくない、
    時もあれば
    一人じゃさみしい、
    時もあるんですよね。
    その波長があう人が理想なのかもしれません。

  4. さやか より:

    SECRET: 0
    PASS:
    なかなか書き込みがなかったので、心配していました。
    ご無事でよかったです。
    私の友人も、
    地震直後に連絡を取ったり、
    連絡をくれたりする大事な人が、
    家族以外いなかったことに孤独感を感じた
    といっていました。
    (友人も心配はしてくれてありがたいのですが
     それとはまた別の存在として)
    一番に守りたい、守られたいですね。

  5. futaba より:

    SECRET: 0
    PASS:
    部長さん、しばらく更新がなかったので心配していました。
    ご無事でよかったです(*^^*)
    そうですよね、あの震災で随分いろいろと考えることがありました。
    でもそれもだんだん日常の中で薄れつつあって、東北の現状を見ないで、東京の雑踏に流されている自分に「いいのかな?」って疑問を感じながら、でも結局、仕事に追われている日々です。
    大事なもの(人)を、躊躇しないで大事に守りたい、ってシンプルなことに今さら目覚めた感じかな?
    欲張りたいけど、手が届く範囲って限られるので、本当に残したいもの(人)以外は手放すことをしてしまったと思います。
    生きて行くって、悩ましいですね・・・・
    これからも色々な記事、待っています。
    部長さんを頼りにしている部員のために、ぜひがんばって更新してください。

  6. みさき より:

    SECRET: 0
    PASS:
    『守りたい人』がいるって素晴らしいことだと思います。
    最近思ったことがあるのですが‥
    私は海外ドラマが好きで見るんですけど、長年見ているドラマの俳優さんが最近妙に気になって。
    なんか彼の瞳が以前に比べて優しいなぁ‥いいなぁ~とか思ったんです。
    それで何気にネットで彼を調べたら、ちょうど私が見たドラマのシーズン頃に結婚してたことがわかりました。
    正直『なんだよ~!』って思ったけど(笑)『だから瞳が違ったのか!』と、なんだか納得しました。
    結婚って、戸籍だけじゃなくて、他人が見てもわかってしまうくらい、その人の内面までも変えてしまう大きな事なんだなって思いました。

  7. さりぽん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いつもみてます!
    更新されてないときは、昔の
    記事を読んで復習しております!!
    Twitterフォローしたいです!
    アカウント教えてもらうことって
    できますか?(>_<)

  8. アップルシナモン より:

    SECRET: 0
    PASS:
    たまに見に来ていたのですが、部長さんのコメントが見れると本当にうれしいです(*^^*)とはいえ、震災後、まだまだ大変な事は多いと思いますので、無理はしないで下さいね。
    今の何気ない幸せがどれだけ大切か本当に思い知らされました。共働きだと中々大変ですが、旦那さんとの時間を大切に、お互い思いやりながら生活するようになった気がします。

  9. ネーネ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私も部長さんと全くの同意見です。
    今まで、こじんまりした生活の中で、ちまちま生きてたような気がしてたけど、私たちの生活は限りなく大きなものに支えられ、自分の視野を広げれば広げるほど、個人的な悩みなど、ほんと小さな点でしかない。
    明日は我が身の震災を目の当たりにしたからこそ、揺るがないものが必要で、揺るがない自分が大事だと気づきました。
    価値観ががらっと変わったおかげで、自分に必要な人やものがくっきりはっきり見えて来ました。

  10. miu より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いつも楽しみに拝見しています。部長のいう形は理想ですね。互いが想いあえる形とはどうあるべきかって最近すごく考えます。
    今回の震災のような危機的状況では本質がずばっと出ますが、普段の生活ではどうしても自分のエゴが勝っちゃう。だから下手すると相手にばかり求めすぎてしまって自分はここまでしてるのに!って気持ちだけが先走りそうです。私は今回の震災で無償の愛を大切にしたいと思いました。最後まで好きだったもの勝ち!って精神で気分的に相手の上にたっていますw

  11. エンジェル より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いつも拝見させていただいて勉強しています。
    私の彼は激務で忙しく、会えないし連絡も少ない・・。 
    けど! 震災のとき、私より先に安否連絡をくれました。そしてその1週間は毎日1通でもメールをくれました。そして忙しい中 会いに来てくれました。 ちゃんと私を想っていてくれてるんだって。
    が・・義務を果たした と思ったのか、その後は元に戻り、今現在は放置されてます。笑
    部長さんの「忙しい男」をいつも読んで不安を解消させて頂いてます。
    忙しい人って、こうなんだ・・・。 数か月くら会えなくても彼と私の時間の流れは全く違うんだなーって。
    震災は私たちにとって悲しい出来事であり、早く被災者の方に元気になってもらいたく心からねがってます。