スポンサーリンク

出会っても続かない・・・

JUGEMテーマ:恋愛/結婚

さて、婚活の話題になったので、ついでに、
延長線の話をします。
よく相談されるのですが、
「がんばって出会いを求めて出かけている」のに、
「なぜか続かないんです!」
っていうの。
確かに彼女たちは、合コンにせっせと出かけ、
お見合いパーティに出かけても、
絶対に誰かを媒介して他の飲み会に広げてるし、
誘われれば、快くお見合いもする。
しかもモテるってことを究極まで研究した、
気合の入ったモテ巻髪、モテメーク、モテ勝負服。
かわゆく、おしとやかで、家庭的に。
にこやかに微笑み、話に相槌を打ち、お料理をとりわけて。
こんなにがんばってるのに!!!!
しかも時には、積極的に!!!
気に入った男に「送って」って持ちかけて
送ってもらったのに。
送った後そのまま飲み会にとって返されました。(ちーん)
みたいな。
いや最後のは友人の実話だけど。(;´Д`)
なんかさ、がんばってる割に報われない婚活。
そういう話を目撃します。
でも、前のエントリーで書いた見合い座談会で気づいたことなんだけど。
たとえば、外資系大手勤務、頭もよく回り、おしゃべりもシニカルで気が利いてる
割とサバサバ系のかわいい子が、
「お見合いでは、これでは受けが悪そうだから、おしとやかにしてがんばってるんです!!」と力説してて。
あっちゃーーーー。
お前、頼むから私の友人になって
その考えを根元から変えてくれ。
と本気で思いました。_| ̄|○(別になんなかったけど)
だってさ、
彼女が出会いから長続きしない理由は明白だもん。
彼女が自分らしくない彼女を演出してるから!!!
自分とは違うものをいくらまねてみても、所詮は、形だけ。
なんだか痛々しいし、ギクシャクして、
ようするに、
・・・胡散臭い。(爆)
それよりは、
男勝りで仕事も出来る、
顔に似合わず案外皮肉屋ですが何か。
みたいな態度のほうが、
はるかに彼女は魅力的に見える。
彼女は、結婚=家庭的=おしとやかものしずか
と頭の中にガチガチの常識があって、
そこから少しも動けないのが敗因なんだよね。
友人にもたまにいたんですが、
合コンで違う自分を演出しすぎる子。
頭いいのに馬鹿のふり。
家庭的な趣味を捏造。
結婚に向いてます!!私!!!
好きになって!!!ね、こーゆータイプが男は好きなんでしょ?!ね?!
その勝手な思い込みがすべての原因。
そもそも。
男は全部、こういうもん!こういう女が好きなはず!って
思い込むのがおかしいよ。
男だって、千差万別。
仕事によって多少の好みの偏りはあるにせよ、
いろんな女の子をいいなって思う余裕くらいはある。
だから、まずは、思い込みを捨てることです。
おとなしくて家庭的な子が受ける、とか思わないこと。
それよりは、自分らしさをピッと頭の上に、
妖怪アンテナよろしく立てておくのです。
そんでさ。
本当に大事なのは、
マーケティングリサーチです。
え?何かって?
市場調査です。
すなわち、自分をある商品だと考えて。
市場に出したときに、さあ、誰がお客様になるでしょう??
どんな年齢のどんな属性のどんな趣味の人??
誰に一番ヒットして売れるかってことね。
すなわち、ターゲット、というやつです。
このターゲットを、自分なりに考える。
決して、世の中的にいいと言われている、とか、
親に好まれそう、とか、
友達に自慢できる、なんて軸で探さないでくださいよ!!(;´Д`)
そうじゃなくて、
自分を、本当の自分の価値を分かってくれた上で、
一番いい値段をつけてくれる人、って考える。
それがコアターゲット。
ロイヤルユーザーってやつです。
何があっても買ってくれる。
一目見ただけで、ぴんと来る。
「あ~こういう子、好みなんだよなぁ~」って目を細めてくれる。
そういう人たち。
さぁ想像してみましょう。
絶対に、生まれてこの方、いるはずです。
近所のおじさんくらいしかいないよ~とか、
後輩の女の子しかいないよ~とか、
そんなんでもいい。
その彼らの、熱く(生暖かく?)見つめる視線に、ヒントはある。
どんな人に、自分は受けるか。
それが、
あなたのターゲット。
まずはそこを攻略しましょう。
つぶしていきましょう。
つまり、
自分を好きで、自分の信奉者ってのは、
人生で何人でもいたほうが、多いほうがいいんです!!!!!
人間と言うのは、
目の前にいるその人の実体と、
その後ろに、その人を見つめる無数の人々を見る、といいます。
つまり、
目の前にいるAさんを見ているのと同時に、
Aさんを熱っぽく見つめる、期待して、応援して、頼っている、
無数の人間の「想い」を感じるのです。その迫力を。
人はたったひとりで完結しているわけではありません。
その後ろにびっしりと張られた無数の関係性の糸の中にある。
男だったら、
職場で認められ、頼られ、かわいがられている人、というのは、
そういう「オーラ」があるものです。
彼をとりまく、無数の糸が、
彼を自信満々で、余裕たっぷりで、愉快な男に見せるのです。
これが女性の場合、
「信奉者」の糸の中に出現します。
多くの男性に「かわいいね」「素敵だね」「守ってあげたい」といわれ続けている女性は、
おのずと、そういうオーラが出るのです。
彼女を見守る男たちの目線が、
彼女をより輝かせ、魅力的に見せるのです。
これが大事。
本当に、大事。
男の恋愛感のベースは、
意外なほどの独占欲です。
独占したい。
つまりは、他の男に掻っ攫われたくない。
まぁようするに、山賊や海賊の発想と変わらない。(爆)
俺様の見つけたお宝を、よそのやつに奪われたらムカつく!!!!
ぶっ殺す!!!!
だから、手に入れておく。
ただそれだけの単純発想。
だから、他の男もぎらぎらと狙っている、
そんな女の子ほど、魅力的に見えてくる。
そういうものなのです。
そして、
不思議なことに、
別に口に出して「モテてるんだ~」と言わなくても、
そういうのは身についたものとして発信されている。
それが、その人に対する周りの人の目線であり、
「迫力」なんです。
芸能人って、芸能界に入る前はどってことない子なのに、
注目を浴びるだけで、おどろくほど魅力的に、
迫力が増すでしょ。
数人に愛されたって迫力が増すんだから、
数百人、数千人に熱い目で見られたら、それだけの分のオーラをまとえるってことでしょ。
つまりですよ。
なにが言いたいかと言うと、
まずは、自分の周りを信奉者で固めましょ、ってこと。
おじ様が自分を好きになってくれるなら、
どんどんおじ様サービスして、かわいがられて、彼らのアイドルになりましょ。
年下キラーなら、ガンガン年下を惑わして、
「○○さんのファンです~~」を増やしましょ。
大事なのは、マーケットをよく見ること。
自分の強い市場を知ることです。
私は常々思うんですが、
本当に、女の子つーか、日本の女の子?は、
自分の売り市場が分かってない。
みんなと同じ価値観で、
こういう男がいい男~って追いかけてみたり、
子供時代の思い込みから抜け出せずに、
自分とは合わない王子様を追いかけ続けたり。
下手すれば、幼少期のトラウマから、わざと自分を傷つける男を選んで好きになってる、
レコードの傷タイプの恋愛を繰り返す人もいる。
一度間違えたら、そこから学ぶべきで。
同じタイプには手を出しちゃ駄目だよ。
もっと自分を熱烈に好きになってくれて、
大事にしてくれて、
絶対に悲しませたりしないようなタイプはいる。
その自分売り手市場を、見極めてない人が多すぎるのよ。
「あぁこの子は、すんごい年上の余裕のある男から好かれるし、そのほうがうまく行くのにな~」って思っても、なぜか年下のクールなタイプと恋愛しちゃったりね。(;´Д`)
若いうちはいいです。
その痛い目も恋の、人生の醍醐味ですから。
でも、やっぱり、30くらいに差し掛かって、
婚活を考えるようなら、
まずは自分が相手にしているターゲットに、
もっと意識的になるべきだと思う。
本当にね、
ぜんぜん、違うから
ヒット率。
こんなに私ってモテたっけ!!!!ってなもんだよ。
(;´Д`)
つまりです。
今日のお話をまとめると、(笑)
まずは、自分らしくないへんな思い込みは捨てましょう。
自分ではない誰かのものまねをしてもモテません。
そのうえで、
そんな自分を一番好きだといってくれそうなターゲットを見極めましょう。
ノートに、今まで告白とか好意を表してくれた人の特徴を書き出してもいいくらいです。
あと面白いのは、
子供のころから自分が好きだと思った人、
芸能人、漫画のキャラ、憧れの先生、なんでもいいから書き出して、
その特徴を書き出してみてください。
その共通点を書く。
そして、なぜその男に惹かれたのか、
その共通点は本当に妥当なのか。
それとも、何か幼少期の刷り込みなのか、
自分の好みの歴史を洗い出すのに役立ちます。
私も一度やりました。(;´Д`)
ちなみに、共通点は、
「繊細」ってのと、
「才能があって、でもそれは一見分からない」ってことでした。(なんじゃそりゃ)
でも、自分で勝手に思い込んでる
そんな王子様は、
決して自分のことを好きになってくれるわけではなく。
むしろ、私のことを好きになるのは、
「自分のことを勝手に楽しんでいる」
「自信家の」
「愉快な」
「おじさん」
でした。
自分でそういう自分の「つい好きになっちゃうタイプ」と、
「でも好きになってくれる人」を、書き出しておくのって、
案外すごいいいんですよ。
自分でもびっくりするくらい意識できたもん。
そんで、
やっぱりうまく行ってるのは、
私を好きになってくれる、
「余裕のある」「おおらかな」「おじさん」、です。
昔好きで追いかけまくって失恋しまくった、
「繊細で」「傷つきやすく」「天才肌の」彼氏とは
まったく方向性が違います。(爆)
やっぱり、恋愛は相手あってのこと。
自分を好きになってくれる人を、
心底好きだと思えるようになったのは、
たぶん、
自分のことも心底好きだと
思えるようになったからなんでしょうね。
昔はおじさんなんかまーったく興味なかったのに、
今はおじさんこそ男の理想形だと思ってますから。(極端)(;´Д`)
とにかく、
なかなか出会いから続かない人は、
まず自分の態度と相手の選び方を、
見直してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. S より:

    これすごく面白いですね。
    ターゲットの話も。
    「オーラ」って自分の信奉者が多いほどでるんですね。確かにそうだ!
    私、がんばります。

  2. 匿名 より:

    なんか一生懸命上から目線でアドバイス風に書いてるアンタがイタいよ(泣)
    本当に充実した恋愛に満たされてる人は、こんなクドクドしつこく恋愛についてかかったり、ブログで説教?たれたりしないから・・・(笑)
    見てて、痛々しい・・・

  3. まどか より:

    なんか横槍はいってますが、突然失礼な方ですね~
    他人のブログに文句つけてる人って、すっごく性格悪く不幸な妬み深い人に見えてしまいますよ☆
    文句あんなら見なかったらいいのに…(´・ω・`)
    部長サン、自分らしく振る舞う&恋愛マーケティング!了解です♪
    自分らしく振る舞うのは最近のテーマ。
    結局長い付き合いになったら、自分の地の部分を隠すってのは息苦しい話しだし…
    だったら、最初から素の自分で勝負かけたほうが自分も楽だし、お相手の方にもわかりやすい!
    そう気付いてからは、いかに素の自分でキャラ勝負に持ち込めるか?をテーマに、ソフトな毒出しから目下特訓中です(笑)
    後者は昔に一度考えたことがあります。
    私の場合は…仕事命な方で仕事に関してだけ真面目、育った家庭の事情が複雑な方、視力が極端に悪い(0.01もしくはそれ以下)携帯はドコモ(関係無い?)
    そんな共通点がある人とご縁が多かったです。。
    (なんか視点がズレてるような気がしますが(汗)
    ちとブログを参考に、もう少し掘り下げてみようかと思いますヾ(^▽^)ノ
    あざーっす♪
    私のコメント、消して頂いても構いませんので!

  4. 恋愛部長 より:

    >まどかさん
    自分らしく振舞ってうまく行くほうが、断然お付き合いして楽しいですから、自分のいいところいっぱい再発見してアピールできるといいですね。案外、「え?こんなところが気に入る人っているんだ?」みたいなことありますからね。男友達にリサーチするのもオススメですよ♪