スポンサーリンク

つきあってからが大事

今頃、この年になってつくずく思うことがあって。
それは、
恋愛に関しては、
どうして大事なことを私たち何も習ってこなかったんだろ・・・ってこと。
恋を仕掛けるまで、
男に気があるそぶりしたり、デートまでこぎつけるための
ノウハウとかはいっぱいあるけどさ。
そんなの、実は全然恋愛の序章でしかなくて。
本当に大事なのは、
付き合いはじめだったり、
そもそも付き合うかどうかの判断だったり、
さらに一番大事なのは、
その人は結婚相手ではない、と判断することや、
そう判断した時に、どういう心構えで別れるべきなのか、
ってことなんじゃないかと思う。
あまりに我々女子は若いうちは、無策で、
友達と相談してても、お互い、無知で、無鉄砲で、何も分かってなかったなーと思う。
何度か書いてるけど、
別に、恋愛においては、
相手をどんなに好きだって、結婚できない相性とか、
そういうタイミングにない2人、どうにも何処へも行けない取り合わせってのがあって。
それは、別に、何かを間違えたからそうなるんじゃなくて、
ただ単に、その2人が、「ちがう」ってだけなんだって。
そういう簡単なことすら分からなかったから、
何を間違えたのか?
私の何が悪いのか?
何を直せば彼を取り戻せるのか?って
考えて悩んで泣き暮らしてた。
そうじゃないんだ。
彼じゃなかったってだけなんだ。
彼じゃないから、
どこかに、本当の誰かがいるはずなんだって、
そう思えるようになってからは、
一つの恋に、身も心もズタズタにされることはなくなった。
そして、付き合っていくということの意味も、
全然違うものになったんだよね。
さびしいから別れられない、とか。
彼の気持ちをかき集めて疑って、不安に震えながら付き合うとか、
もうとっくに終わっているのに、好きだから決断できないとか、
そういうのが、どんだけ人生に置いて自分を阻害していたのか。
その時間がどれだけ意味のないことだったか。
今になってはすごくよく分かる。
でも、あの時は、最良の方法だと思ってぐずぐずしてた。
「この年で彼氏と別れて、次が見つかるかどうか分からない」
と、私、30くらいの時に日記に書き残してるんですけど。
それから1年間、彼とほとんど会いもしないで、
別れもしなかった、その時間こそが、
30という大事な年齢にとって致命傷だったのに、
あの頃は気づかなかった。
自分はかしこくふるまおうとしてたんだと思う。
それが逆効果だってことも気づかずに。
ちなみに、そのころの彼2人は、
私に、とあることを言って別れている。
それが、
「君のことは好きだけど、結婚したい相手ではないと思う」。
これ、正直トラウマになるほどショックなセリフだった。
確かに仕事ばっかりしてるし、自分勝手だし、
家庭向きじゃないわよ!と切れてた。
でも今なら、よく分かる。
彼らが言ってた意味。
それは、
君と僕は、ずっと長くいっしょにいるべき相性ではない、
そう言ってただけだったんだなと。
男の人のほうが、ある意味現実的なんだよね。
結婚ということに関して。
それは、私の条件が表面的にどうだってことなんかじゃなく。
2人の相性が、2人の関係が、
単なる恋人同士以上のものではなく、
一生を支え合って生きていけるような、奇跡の相性ではないと、
そういうことを、一生懸命伝えてくれてたんだと思う。
嫌われること覚悟で、
泣かれること覚悟で、
それでも、ごまかさずに私に、それを伝えてくれてたんだなと。
そういう感覚に関して女性は、ものすごく疎いというか。
恋さえあれば、好きならば、
どんなことだって乗り越えていけるはずでしょ?
好きじゃないの?
本気じゃなかったの?
と悲しんでしまったりするものだけど。
そうじゃないよ。
そういう簡単なことじゃないんだよ。
いっしょに生活して、
お互いを家族だと思って生きていくのは、
男にとって、私たちにとって、
それは人生そのものなんだよ、と。
だから、もっとある意味ドライになるべきで。
恋と結婚は別物なのだと、ちゃんと分かっているべきだと思う。
恋は恋で、どんな人とでも燃え上がることができる。
でも、そこから先へ行くかどうか。
2人が契約を結べるかどうかは、
まったく別のファクターが要るんだ。
もしも恋の炎が消えてしまっても、
恋でなく、家族の情になったとしても、
それでも2人が笑いあって、いつまでも幸せに暮らしていけるのかどうか。
お互いを信じて、心から頼り、相手を救う気概があるのか。
相手の人格をまるごと受け入れて、
それをそのまま愛せるのかどうか。
私という人間が、彼という触媒を得て、
健康的で、愛情いっぱいに、笑顔を絶やさず生きていくことが出来るのかどうか。
そのためには、
彼が自分を心の底から大切にして、想ってくれている必要がある。
何よりも、自分を守って、愛し抜いてくれる必要がある。
妥協は、そこでしては行けなくて。
職業だ、年収だ、見た目だ、
そんなものは妥協したって全然OK。
その代わり、絶対に妥協すべきでないのは、
その人が自分を愛していてくれるか、
2人の相性が、長い年月にも耐えうるものなのかどうか。
その点に限る。
そして、私たちが、つきあってから考えるべきは、
つねにその点なんだ。
そこをこそ、補強して行くべきなんだ。
相手の今現在の気持ちの目盛がどれくらいかをハラハラ見守って、
泣きながら相手を疑って過ごす暇があったら。
顧みない男の冷たさに、恨みがましく執着している暇があったら。
2人の「いま」ではなく、
2人の「未来」に、目を向けて。
本当にこの人でいいのか。
この人と一生を共に過ごしたいのか、
彼に大事にされるようにできるのか。
彼は自分をそこまで愛しきれるのか。
その相性が2人にあるのか。
それをつねに頭に置いて、
彼だけにならない。
彼と共に生きる自分の人生を、自分で、デザインして行く。
どんなにちいさなこともでいい。
彼といっしょに生きていくことを、
具体的に形にして行く。
頭の中に思い描く。
そして、それを彼に伝えていく。
こんな風に、あなたと生きていきたいの。
こんな風に暮らしたいの。
2人なら、こんなことが実現できるの。
それを自分で、イメージしていく。
喧嘩してもいい、
意見が違ってもいい。
ただ、その先にあるのは、いつも、
2人でつくる未来であるべきだと思う。
別れをイメージしている女子は、
必ず最後は破局に向かう。
別れるかもしれないと恐れる人は、
必ず別れに向かって行動する。無意識に。
乗り越えていくべきものは、自分の感情。
自分の、甘え、執着、不安、思い込み。
敵は彼ではない。
自分なんだといつも思う。
自分が自分を乗り越え、
不安や疑念を乗り越え、
2人の未来を建設的に描けるなら。
きっともっとうまく付き合って行ける。
付き合っていくっていうことは、
私にとっては、
ただ一人の人と出会うため、
その人と幸せになるための、
大事な道のりなんだと思う。
たとえ、それが違ってる人との付き合いでも、
ちがうと分かることで、
もっと深く男性という存在を知ることができる。
ただ一人の人を、救うための、大事なステップになる。
私は、たくさんちがうひとと恋愛して来た。
そのひとりとして結婚しなかった。
でもその道のりの中で、
たくさん分かったことがある。
こうすればいいんだ、こう考えれば、幸せになれるんだって、
たくさんの発想をもらった。
誰とも付き合わなかったら分からなかった。
傷つくことも、傷つけることも、
それを経ないと、行けない場所、
見えない風景がある。
それを私は、誇りに思っている。
恋に狂って、泣き叫んだことも、
切なくて苦しくて、1人で声を殺して泣いたことも、
自己嫌悪で死にそうになったことも、
傷つけた人に申し訳なくて、苦しかったことも。
そのすべてが、今につながっているから。
本気でその一人ひとりを愛してきたことに、悔いはない。
だからこそ、今は、心穏やかに、
未来につながる想いを紡ぐことができる。
側にいてくれる人の、愛情を、得難いものと感謝することができる。
そういうことを、
もっと、もっと若いうちに知っていれたら、と
それだけを悔しく思う。
せめて私より若い皆さん、
時間を無為に浪費しないでください。
恋に生きられる時間はたったの20年あまり。
その間に、人生を共にする大事な人を見つける必要があるのです。
臆病になってる場合じゃないよ。
傷つくのを怖がってる場合でもないし、
1人を恐れていてもダメ。
自分が自分を見つけた時に、
誰かが、自分を、見つけてくれる。
私の回り道が、
みんなの道しるべになることを祈って。
皆さんの長い物想いが、
本物の幸せにつながりますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ★crea★ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    何度でも読み返したい!!
    今日から人生変わるほどです
    いつもほんとにありがとう部長!!

  2. 璃紅 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    年齢と共に色んな意味で焦りが出るのは仕方ないけれど、未来をどうしたいのかって凄く考えさせられました_(..)_

  3. のりこ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    なんでこんなに恋愛部長さんはやさしいの?
    愛に溢れています
    こんな優しさに溢れた素敵な女!!オトコがほっとくわけないです!

  4. yumikko より:

    SECRET: 0
    PASS:
    大好きな人、、、
    想う気持ちは誰にも負けない!と自信があった。
    何度も何度もやり直して、ケンカばかりして、それでもなだめてくれて・・・
    今思えば、彼との幸せな未来は私自身が一番想像できなかった。未来にはいつも不安ばかり。
    でも認めたくなかったです。
    「好きだけど結婚できない」って云われました。
    恋愛部長の文章が、ぼろぼろになった心を解きほぐしてくれました。
    彼じゃない!彼にも私じゃない!
    まだ出会ってない人生のパートナーとは
    きっと幸せな未来が想像できるんだと
    思っています。
    携帯に保存して、何度も読み返します!!

  5. にと より:

    SECRET: 0
    PASS:
    読んでいて涙が出てしまいました。
    この記事を読むことができて良かった。部長の言葉がバラバラと散っていた気持ちの断片を、つなげて、やっと自分の中に落としこむ事ができました。
    彼は敵ではなく自分なんですね。
    恋愛はつくづく、自分と向き合い見つめ直して自分を知っていく事なんだと実感しています。
    ただただ、ありがとうございます。と伝えたいです。

  6. onion より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ただ彼と幸せになりたい。なれる!って思ってたけど、彼が上手でした。現実は違うと。思い知らされました。
    でも彼と幸せになりたい。
    自分に強くありたい。根本的な事をみえれてない私。弱い私と強くありたい私が交差してます。
    毎日日課の仕事終わったメール。毎日変わらずほんと一言のメール。私からしてもそれ以外は無。
    電話してもでてもらえず。
    こっちからフェードアウトだとか思いつつできない私。自分をもっとよくみて、自分の感情のコントロールをしよう。
    恋愛部長ありがとう。励みになります!

  7. SECRET: 0
    PASS:
    いつも励まされます。
    3年付き合った彼と別れて1か月くらい。自分のなにが悪かったのか、付き合ってる時を思い出しては自分の行動に後悔して、苦しくなって、この先また恋愛出来るか焦ってるところでした!
    記事を読んでたらタイミング良くミスチルのgiftがステレオから流れてきてウルウルしてしまいました!笑
    未来を夢見て明るく暮らそうと思います!

  8. AZU より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今までのわたしは、情けないくらい感情に支配されてた。好きな人を好きでいることは、何年でもできた。そんな自分は結構一途なんだな、なんて思いさえあった。
    向けている愛情とは相反するみたいに、相手の気持ちはこっちには向いてなかった。
    だから、あたしには思い合うような楽しい恋愛には縁がないんだと思いこんでいた。でも、
    、、、たぶん相手は気づいていたんだね。
    私は長く歩んでいくパートナーではないと。
    部長さんの言葉で、涙が出たよ。。
    とまんない、、、。あ~!!もうっ!!泣
    私、忘れられない人を思って、何年も恋愛してないよ。。もっと早く、部長さんの言葉に出会いたかったよ。
    この数年苦しかった、、。相手に寄り添えないのは、自分がそう振舞えないからだと責めてたから。
    私のせいだけじゃないってわかったら、少し前を向けそうです。
    こんなに恋愛から遠ざかった私でも、ちゃんとまだ出会いが残ってるかな?
    こんな私でも、出会った時に大事な人だとちゃんと気が付くことができるのかな? 少し不安。。
    ふぅ~。涙少し止まりましたぁ( ´ ▽ ` )ノ

  9. atelier M より:

    SECRET: 0
    PASS:
    しばらく前から読ませていただいてます(^^)
    私は今50歳前・・・。15年前に夫と死別し、その後子育てと仕事だけの日々を過ごしてきました。
    けど、やっと子供から手が離れ、1年前に恋人を作り、今恋愛しています。(^^)
    とても楽しくて。とても穏やかです。
    結婚しなくては
    子供を産まなくては
    そんな縛りの無いお付き合いの楽しさを今心から堪能しています。
    けれど、これも「結婚、出産、子育て」全てをこなした後だからこそ出来る醍醐味なのかな? とも思います(笑)
    およそ女としてしなくちゃなんないだろう事を一応こなした後の恋愛は、打算がないだけ本当に楽しい物です。
    けれど、未来を紡ぐための恋愛時期は本当に20年前後・・・。
    女の子にとっては大切にしなくちゃならない時期ですよね・・。
    恋愛部長さんの言葉の一つ一つに 納得しながら、自分を大切にする事の意味を再確認させてもらっています。
    これからも心に響く言葉、楽しみにしてますね。

  10. うーた★ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いつもほんまに感動します(*^^*)
    ありがとうございます☆

  11. いえっさ☆ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いつも読ませていただいてます。
    先日失恋をしたのですが、乗り越えられたのも部長さんのおかげと思ってます。
    本当にありがとうございます。
    今回の記事は、特にハラオチしました!
    恋愛に臆病になっていましたが、怖くないんだ、大丈夫!と思え前向きな気持ちに・・・。
    これからも愛読させていただきます♪

  12. ☆mitsu☆ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いつも楽しみに読ませていただいてます。
    つい最近、片想いの彼に振られましたぁ。
    彼も私に好意を持ってくれていたのがわかっていたのに、うまくいきませんでした。
    別に彼女ができたって。
    きっと彼とは、付き合うタイミングになかったんだと。
    職場が一緒だし、仲良しグループの一人でもあるので毎日顔を会わすのが辛いけど、自分に言い聞かせてます。
    部長さんの今までのブログを何度も読み返して、もっと恋愛上手になろうと頑張ってます。
    きっと、私を沢山の愛で包んでくれる、素敵な彼が見つかるように。

  13. kajiwara より:

    SECRET: 0
    PASS:
    アメンバー承認ありがとうございました。
    今回の記事、いろいろと胸に刺さりました…。
    すごく好きで、この人の愛情を得たいと
    当時の私は嫌われないように好きになってもらえるように
    そればかりの毎日でした。
    付き合ってからも、一方通行の片思いみたいで苦しかった。
    今はようやく好きな人が出来て、まだこれからどうなるかわかりませんが
    どんな結末が待っていてもそれをちゃんと受け止められるように、
    相手の気持ちをたいせつに出来るような穏やかな恋愛をしたいと思ってます。
    これからも読ませていただきますね。よろしくお願いします。

  14. より:

    SECRET: 0
    PASS:
    先日、5年付き合っていた彼と別れました。
    なんだかここ一年位から予感はあったんです。
    「別れる気だな」と。もしくは「別れたいのかな」って。
    でも、最後に私は引き止めませんでした・・・。
    友人にも話したりして整理したりしたのですが・・
    「最終的にさ、彼の事好き?」
    と聞かれて声が出ませんでした。
    「好きだ、諦められない」って言うはずの口が、
    「分からない、好きって言えない・・情のような気がする」と言っていました。
    彼の為に「尽くして」「彼の周りの方とうまくやらなきゃって背伸びして我慢して」「彼と会う時間がなくて(休日が擦れ違いなので・・・会おうと思えば会えたのに)」
    体が心が「疲れた」って思っていました。
    自分が自分を好きじゃなくなってる。
    イライラして、好き・愛してるを疑って・・・
    反対の態度をとって。
    こんな自分じゃないって、一生懸命している自分が自分の首絞めてるって感じました。
    きっと弱い私は、1人の時に連絡をとって「別れたくない」って言ってしまう、それは止めなくてはと思い・・・・連絡先を削除しました。
    恋はいばら道の部長さんのブログをみて感じたんです。男の人の心情ももっとわかるには、自分の心や体をまずは大切にしなくちゃいけないんだなって。
    そして、一人の時間(自家発電?)をしながら流れに身を任せなきゃって思いました。
    鳥肌が立ちました。部長さんに救われている方きっと多い。
    ブログ楽しみにしています。

  15. ルマ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    初めまして。
    アメブロでブログされる前から読まさせてもらっています。
    記事を読んで
    ハッとする事が多くて
    勉強させてもらってるつもりで
    いつしか月日が経ってしまうと
    また同じ事に悩み苦しんで…また記事を読んで再確認、癒される。という事を
    ここ何年も繰り返しています。
    Hから始まる恋。
    今、一番読みたい記事です。
    まさか自分が、
    こんな悩みをもつなんて想像もつきませんでした。
    早く吹っ切りたいです。