スポンサーリンク

心を開くとはどういうことか?

先日の記事に、コメントで質問があった件について、思うところがあったので書きますね。

心を開くってどういうこと?
ネガティブな自分もさらけ出すってこと?

というものですが。

正直、心を開くのって、すごく難しいことだと思います。
私自身、旦那と出会うまでは、
付き合う人に本当の意味で心を開いたことはなかったんじゃないかと思うくらい。

どこかで壁があって、
どこかで、「どうせこの人に言っても分からないし」って警戒してた。

そのくせネガティブな感情はぶつけてるんです。
それで自分自身を相手に出しているつもりになってた。
まったく違うのにね。

自分の弱さ、醜さ、ネガティブな部分をさらけ出すこと=自分を出す ってことではないと思う。

でも↑みたいに考えちゃってる子はものすごく多い。
なんででしょ?

それは、ネガティブな部分=自分の最低な姿を見せても逃げずに愛してほしい!っていう、
底なしの願望のせいだと思う。

だってさ、なんで自分を出すって言う時に、
ポジティブな部分を出さずに、
ネガばっかり見せなきゃいけないの?

誰かに褒められてうれしい!とか、
私はここがひそかに自慢!とか、
それだって、自分のホントの姿なのに、
なんでそういうのを出さないで、
ネガばっかりを、「自分の本当の姿」って思うんでしょうか?

よく考えるとおかしくない?

これってつまり、
自分のダメな部分を見せる=自分を見せる→それでも私を好きだって言ってくれる=本当に愛してる
って図式で思いこんでるせいじゃない?

でも冷静になってみれば、
誰だって、知り合ったばかりのまだ好きほやほやな時期に、
いきなりネガな部分、ディープなトラウマだの悩みだの聞かされたら重いです。
せっかくの恋の華やかな気分も台無しです。

恋って、男性にとっては、女性そのもののの、ふわふわときれいで、いいにおいがするような
ロマンチックなものなのに、
なぜそれをわざわざぶち壊すような情報をどどっと入れようとするのでしょう?

もちろん、長く付き合っていくうちに、信頼関係ができて、
深く信頼できるようになってから、
小出しに自分のコンプレックスなどを打ち明けてもいいと思います。

でも、なんでもかんでも自分のネガな部分、
とりわけ恋愛に関するネガな性質などを、
相手にドーンとぶつけるのは、
ただの無粋というものです。

そして、それを、「自分らしくふるまっている」「心を開いている」と勘違いしてはダメだと思う。

だって、人間そんなにネガな感情だけで出来てるわけじゃないんだもん。
ホントは日々の生活の中には、
楽しいこともうれしいことも、得意になることも、わくわくすることもあるでしょ。
それを全部なかったみたいに、
なんで自分を悪い感情だけで演出するんでしょう?

それはさっき書いたみたいに、
ネガな部分を受けとめてくれることが愛だと思ってるからだし、
自分のマイナスの部分を、相手が埋めてくれることを期待しているからだと思うんだ。

でも、それは恋愛ではない。
とハッキリ言っとこう。

誰かがいなければ埋まらないマイナスなんて、ないんだよ。
誰かの想いに依拠した幸せなんて、なんてもろくて危ないんだろう。

そんな、日々コロコロ変わるようなものに、
左右されるなんて。

恋愛は、自分の足りないところを埋めるためにあるんじゃない。
ネガティブを、相殺するためにあるんじゃない。
確かに、自分のダメな部分も受け入れて、まるごと愛してくれるのは理想です。
でもそれは相手がそうしたいからそうするだけのこと。こちらから望むことじゃない。
自分にできるただひとつのことは、
相手のダメな部分を丸ごと愛すること。
それだけです。

では、心を開くってなんでしょう?

これは私もずっとテーマでしたし、
わからなかった。
どういうことが心を開くってことなのか。

私は友人にもほとんど心を開かない。
女の子に対しては、自分の弱みを吐露することで、
なぜか安心を与えあって仲良くなれるという法則があるものだから、
恋の悩みなどを打ち明けては、
心を開いている風を装ってた。

でも、本当の意味で信じてないのは分かってた。
一つだけ言えることは、
私がただ一人親友だと思っている人には、
悩みだけではなくて、うれしかったことも話せるということ。
彼氏ができて、幸せになった時に、真っ先に打ち明けて、
いっしょに喜んでくれると確信できるのは、彼女だけ。

それでも、彼女が聞きたくないだろう話は話さない。
そこは気を使ってしまう。

だから、心を開くって言うのは、どういうことかって聞かれても、
自分であれこれ考えてくれとしか言えない。
他人の私が、
「こういうことですよ」と簡単に言えるようなものではないのが事実。

私だって、分からなかった。
どうやったら心を開けるのか。
ネガばかりを吐露して、
相手の愛情を確かめるような「手段」ではなしに。
弱みを見せることで相手を縛ろうとするような「手段」ではなしに。

本当に、
日々思うことを素直に伝えられる、
相手が理解してくれるかどうかなんか気にすることもなく、思うままに話し、
相手にどう思われるかなんて気にすることもなく、自分の意見を話し、
相手の態度に、過度に反応することなく、
自分が理解されているということを信じられる状態。
相手を信じて、つくりものではない自分の素のままでいる。

むしろ、自分のネガティブな部分をさらけ出すのは簡単です。
自虐的でいるのは、人間は楽です。
もうすでに白旗を上げているんだもの。
「丸腰です私を攻撃しないでね」って言ってるんだもん。

むしろ難しいのは、
自分が愛されるに足る人間だという自信をもって、
フラットに物事に意見することだったりしませんか?

「私はこんな風に感じたの」と、
何でもないことに自分の考えを述べることのほうが
よっぽど緊張するし、怖くないですか?

相手にどう思われるだろう?
好かれるだろうか?とあれこれ気にして、
相手に合わせたくなって、
相手の顔色を伺いたくなって。
失敗したくない、嫌われたくない、呆れられたくない、と。
そんな風にバイヤスがかかって、なかなか自分の思うことなど言えなくないですか?

まずはそういうところから、
「開いて」いく必要があるのかなと。

そして、自分がうれしいと思ったこと、
相手を大切に思っていることを、
決して卑屈にではなく、
相手を覗うのでもなく、
むしろ、上から目線な(笑)くらいで、
素直に伝えられるか。

そっちのほうがよっぽど、勇気がいる。
そういうポジティブな部分を、キチンと相手に開示することも大事。

心を開くって本当に難しいです。
どういうことか分からなくて、
ぐるぐるぐるぐる試行錯誤しました。

でも、少なくとも思うのは、
自分の弱くてネガティブな部分をとりわけ相手にぶつけて、
相手の反応を見ることが、
その反応で、自分への愛情の有りなしを判別しようとすることが、
心を開いているという意味ではないということ。

なぜか女子はみんなやっちゃいがちなんですが。
やりそうになったら立ち止まって考えてみて。

本当に、そのネガティブな部分を先に見せる必要あるの?
それを許容してもらわないといけないと思いこんでない?

自分の本当の姿は、
本当にそんなに醜いの?

何も最低の自分を見せてそれを好きになってもらおうとしなくていいよ。
そんな無理難題は誰も解けないって(笑)

そんなことより、
一番リラックスしていて、
自分でも大好きな自分、
のびのびして、幸せで笑っている自分を、
相手の前で出せるのか。
その方が大事。

誰だって、ビクビクして自分を隠している人よりも、
のびのびとして、愛情を疑わずに振舞っている女性の方が
魅力的と思うんだから。

そういう風に、考えてみるのがいいんじゃないかなと思うんです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. uzura より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    今日の記事の要点は(笑)ネガな自分をそうそう出すな!ってことだったのに、一番私がぐっと来たのは
    >自分にできるただひとつのことは、
    相手のダメな部分を丸ごと愛すること。
    ってところでした。
    これも見極めが難しいところですよね。
    私は彼のことがすごく好きなのです。
    尊敬できるところもたくさんあります。
    だから彼のダメなところをどうやって受け入れようか、受け入れていいのか、今悩んでおります。
    兎に角、彼を信じよう!
    という今年のテーマを全うできるか!?
    ってところなんです。
    しばらく悩みます(笑)が、部長さんの記事はいつもあちこちに良いヒントが散らばっていてありがたいのです。
    こんなに力をもらえる恋愛ブログは他にない!
    本当にありがとうございます。

  2. うっちー より:

    SECRET: 0
    PASS:
    すーーーっと入ってきました。
    私、やっちゃってます。重い女。ネガティブなところも、見せなきゃって思ってました。のびのびとした自分が見せられる相手に、出会いたいな。

  3. ムーミン より:

    SECRET: 0
    PASS:
    あぁ、何年か前そうでした。
    相手のダメな部分をすべて受け入れることはできます。
    が、許したくないことまで今思えば我慢して許してました。
    さらに、私が許してる分相手にもそれを求めてたのかもしれません。
    好きになってくれたのに、嫌な部分ばかりだして、これでも私を好きって言えるの?と試してばかりいたことがありました。
    なるほど、自分ではなかなか気づかなかったです。
    怖いんですよ~。
    私のポジティブのとこを好きになってくれたのがわかるから、そこだけが私じゃないんだよといいたかった。
    どうせ後で知って嫌われるなら自分から出してしまった方が自分が傷つかなくてすむんですよね~。
    わざわざ自分から壊したようなもんです。
    で、結局私を好きになる人はいないでしょって証明しようとする。当たり前ですよね。

  4. ゆみず より:

    SECRET: 0
    PASS:
    初コメです。
    前ブログからずっと読ませていただいていて、部長さんの言葉にたくさん助けられています。
    今回の話、恋が苦手な自分みたいな人ほどはまりそうなポイントですよね。
    すごくあまのじゃくなので、友達止まりでそんなに気を使わない人=恋愛対象にはならない人ほど逆に上手く自分を見せてしまって「貴方じゃないのよ、近づきたいのは(T_T)」みたいになってました。
    自分を魅せるって難しいし、素を出すのも怖さが付きまといますよね。。
    今は「好きになっていけるかな?」と追う恋愛ではない人と付き合ってます。
    だから素の自分もヤバイか?ってくらい楽に出せています(笑)
    でも、恋愛と結婚って違うって言うけど、まだ恋に恋したい気持ちも捨てきれません。(元彼は完全に好きでたまらない感じで、撃沈だったので(笑))
    愛と恋の違いなんかあるのかなぁと思いつつ(部長さん的には同一線上ですか?)、またお考えを聞いてみたいなぁと思いました。。
    長文ですみません。
    これからも(もうひとつのブログも楽しみに)応援しています(^^)

  5. SECRET: 0
    PASS:
    世界を旅する清水です!今はスウェーデンの北の方に居ます。日本と違って1日中日が沈まなかったり、登らなかったりして大変です。。。話が自分のペースで書かれているブログでしたので参考なりました。私は一期一会を大切にしていますので、これからよろしくお願いいたします☆

  6. サラ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    部長さん、心を開くとは?のテーマをあげてくださりありがとうございます????感動してしまいました。。食い入るように何度も何度も読みました。確かに、ネガティブな部分を見せることが受け入れてもらうことに繋がるという、歪んだ図式が私の中で立派に確立していました。自分でも気がつかなかったです。
    今まで、本来の自分のいい部分やハッピーな部分を捨てて、大好きになった人と会っていたように思います。なんて勿体無いことをしてきたのでしょう。自分がかわいそうだと思いました。でもあまりに今まで自分自身を置いてけぼりにしていたので、自分本来の良さって何だろう?私は何が好きで、どんなときに最高の笑顔が出るんだろう?って自分自身が分からなくなっていることにも気がつきました。自分自身の中身の素材が薄くなってしまったというか。。
    気がついたら私がどこにもいない!というより、歪んだ形で自己中になっていたのでしょう。私を消したのは私だ!自分自身を取り戻す作業をしなければいけないなと、新たな目標ができました。まずはあらゆる感情にオープンでいれるようになれたらいいな。心を開く、まだまだ私には遠いですが、部分さんのブログを読んで確実に一歩前に踏み出せた気がします。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちわ。いつも拝見しています。今の彼と付き合い始めてから、過去ログの内容も殆ど読みました。
    部長さんのここ数回のエントリーを見ていて反省しつつ、私が最近思う心を開く方法は、気の置けない友達と話すように、彼とも喋ることです。
    数人いてくれる、多分わたしのことを信用してくれているであろう、そして私が信用している女友達、男友達。その人たちに出来る「良いも悪いも自分のままでいる」が、なぜか彼氏を前にするとできない。必要ない事まで我慢して、顔色窺う自分。でも、友達に素を出して、実際距離を置かれたり嫌われたりって殆どないはずです。私も、みんなも。だから、彼氏だってそんなにすぐに嫌いになったり離れたり、しないと思うんです。
    そう思って最近は、彼氏は友達の延長だと思い込むようにしています。たまたま「付き合う」という形をとっているけれど、根っこは友達なのかなと。その中で、たまたま縁あってほんとうにずっと一緒に居ることになればそれはステキだし、縁がなくて、、となれば、根っこが友人なら、彼の人生は彼の人生とばっさりいける気がするのです。
    独占欲、なんでしょうね。重くなり、心を開かなくなり、素が出なくなるのは。彼の、ふわふわ動いていく気持ちをどうしても自分の所においておきたい独占欲。
    制御できるかできないかは別として、32歳になってようやくそんなことを思い始めています。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    初めまして。
    悩んだ時、いつも恋愛部長さんのブログを読んで参考にさせていただいています。
    長文になってしまうかもしれないですが、私の悩みを書かせてください。
    私の悩みは、生まれて23年間一度も彼氏が出来たことがない事です。
    中学、高校、短大と仲良くなる男性は同じクラスに1人くらいで、ほとんど男性と話したことがありません。
    その中で私に好意を持ってくれた人もいましたが、私は好きになれませんでした。
    好きになった人も何人かいてアタックしたり、告白してみたりしましたが、全て上手くいきませんでした。
    就職して、職場に気になる人がいたので、アドレスを聞いて食事に誘いました。
    その時の男性は初めて出掛けた時から、私が喜ぶようなことを言ってきたり、ボディタッチをしてきたりして、男性がどういうものかを知らない私は、彼も自分を気に入っていると思い、舞い上がっていました。
    しかし、徐々に彼からの連絡はなくなり、態度も冷たくなっていき、最終的に告白しましたが、振られてしまいました。
    その後、友人に男性を紹介されるもうまくいかず…。
    今までの人生で、父親以外の男性に大切に扱われたことが無いように感じます。
    これから先、私自身を認めて好きになってくれる男性が現れるでしょうか?
    そういった男性を見つけるために、私は日々の生活でどんな行動をしていけば良いでしょうか?
    長文失礼いたしました。
    目を通して頂けたら嬉しいです^_^

  9. twink-blink より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いつもブログを楽しみにしています。
    恋愛、私が一番苦手なものです。
    自分を好きになり、可愛いと思おう(部長さんの白雪姫暗示)と思っても、30代後半、こんな年まで誰にも選ばれなかった…という事実を考えるとどうしても心から出来ません。
    ナンパみたいな事されたり、自分が好きになって、相手も自分の事好きかなあと思える人が居た事もあります。痛いですが、結婚感とかを話されて舞い上がってしまったこともあり(笑)。ついその時は自分から気持ちを伝えてしまい、多分引かれてしまい、彼は結局違う人とお付き合いして結婚しました。目の前でだったのでなかなか立ち直れず…。
    最近久しぶりに好きな人が出来て、彼女持ちだったので今度はあまりあせらないようにしようと思って、すごく趣味も合って話していて楽しくて、ある程度距離を置いて接していたら「別れた」と言われ、ひそかに期待していたら今度も目の前で綺麗な女の子と付き合い始めてしまいました…(苦笑)。しかも別れた事は報告されたのに、付き合い始めたのは人づてに聞いてショックを受け。自分、本当にモテない、駄目だなあと思ってしまいます。
    失恋した直後は一生一人で生きる覚悟をしようなんて思いましたが、やはりもう子供を持つにも厳しくなってきたけど、好きな人と結婚したいと心から思ってしまいます。それにはまず自分を好きにならねば、と思うのですが、ぶきっちょで人見知りしてしまう自分をどうにも心から好きになれません。外見を磨いて、内面はたぶん表に出すのが苦手なので、上手く表に出す様にむちゃくちゃ努力して、色んなことを昔よりは改善出来ているとは思うのですが…。
    私はこういうのが好き、というのはっきりしているので、それも敬遠されるのかもしれません。自分の世界があるなんて人よりも、若くて綺麗でまだ何も知らないよう(に見える)な子がやっぱりいいのかなあなんて思うと、ますます自信がなくなってしまいます。
    自信を持つ、心を開く、本当に難しいです。でも頑張ります。ポジティブな自分を好きになりたい。恋愛部長様、いつも素敵なブログありがとうございます。部長様の言葉にいつも救われています。

  10. モロヘイヤ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして、こんにちは。
    面白い記事や鋭い観察眼に尊敬しつつ、過去ログを少しずつ読み漁ってます(笑)
    自分語りで恐縮ですが、僕が思う自分磨きって、自分を好きになることだって思ってます。
    心を開く行為そのものが成立するためには、心を開ける信頼関係があることが大前提なんじゃないかなと思います。そしてそれを築くためには自分磨きというか、自分を好きになること、つまりは根拠なき自信を持つことなんじゃないかなと思います。
    ネガティブな自分を相手に愛してもらうっていうのは、自分が好きになれない自分を、自分の代わりに相手に好きになってもらおうみたいな気持ちが多分あって、それは心を開く以前に相手に負担を強いる関係じゃないかなと。
    僕にとって心を開くっていうのは、素直に「僕はこういう人間なんだ、でもそういう自分が僕は好きなんだ。僕は君に僕という人間を知ってほしいし、僕は君という人間がどういう人間か知りたい」という気持ちを持てることなんじゃないかなと思います。自分の好きじゃないところも認めて、それを好きじゃない自分を好きになれる。だから相手のことも好きになれるし、相手に自分の素直な気持ちを伝えられる。そういった関係が、心を開くといった行為というか状態の1つの究極系なのかなと、今の自分は思ってます(笑)
    だから嫌いなところを好きになってくれる人にしか心を開けないってのはちょっと寂しいなと思います。
    勿論僕はそんな大層な人間じゃないし、理想と現実との乖離にしばしば「なんてこったorz」となりますが(笑)
    長文失礼いたしました。今後とも、記事楽しみにしています。

  11. Aya より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ネットで忙しい男について検索をしていたら、ヒットしたので参考にさせてもらってます。
    半年前に仕事や趣味に忙しい好きな人にフラれてしまいました。
    あたしは27歳にもなるのに恋愛に対して凄くガキです…。
    忙しい彼を理解したく、過去のブログも読んでいってましたが、アメンバーのみの記事にどうしても気になるのがあり、アメンバー申請したいと思いました!
    よろしくお願いします。

  12. ba-chiayu より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今の自分の心境と重なって、初めてブログを読みながら泣きました。
    解決策が見つからなくて開いたブログがこちらでした。これも縁なのかな(笑)
    やっと笑う事ができそうです。
    ありがとうございました!

  13. SECRET: 0
    PASS:
    人の縁は時のめぐり合わせですね。どこから私のような人がやってくるか分かりません。ブログが取り留めもない日々の連続でとっても素敵ですね。私は普段から取り留めもないことばかりを書いていますが、もしよければ御覧下さい。

  14. vitamin より:

    SECRET: 0
    PASS:
    良いセルフイメージを持てないのは、私の長年のテーマです。
    自己評価の低さの原因を探って、親を責めたり、過去の自分を責めたりして、苦しい気持ちのスパイラル状態を続けて。
    頭では、過去にとらわれていても良いものを生み出さないとわかっていても、どこから何から始めればよいのかわからず。
    そんな私でも、大切にしてくれる人がいます。
    でも彼は私の身に余る素敵な人で、もしかしたら他の人に気持ちがあるのでは?と疑う自分がいます。
    つい最近、そんな事を彼に言ってしまいました。
    彼は、私がそれを望んでいるのではないか。苦しいなら、一緒にいない方が良いのではと思ってしまう、と言いました。
    そんなタイミングで、今朝、このブログを読みました。
    私は、自分の不安ばかりを彼にぶつけ、望んでいないことを、言葉にして伝えてしまったんだなと。
    私はどう在りたいのかなと再考しました。
    良いセルフイメージを持つことができたら、褒め言葉も、大切に思ってくれている言葉も、受け入れて、相手に返すことができるのかなと。
    誰もが不安な気持ちはあるけど、自分の不安にとらわれず、相手の気持ちを思ったり、好きでい続けてくれるには、どんな自分で在ればいいのかなと、意識を変えることの方がいいですね。
    ブログを読んで、いまそんな風に思えています。
    そして、遅すぎることはないと、勇気を奮い立たせられられました。
    きっかけをくださって、ありがとうございました。
    これからも、書いてください。

  15. つばさ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ありがと(*´∀`*)