スポンサーリンク

合わない人もいる、と思えば

私は本当に、一緒にいる人に結構影響受けるタイプだし、元々はすごく人見知り(職業柄バレないようにはしてるけど)なので、合う人と合わない人は明白なの。

合う人と一緒にいれば、

別に何も気張らずにいられるし、好きなこと話して感じたままに物を言っても大丈夫。

でも、あまり合ってない人といると妙に緊張して、

「次何を話そう」「もっとはしゃいだ感じにしないと面白くないって思われるんじゃないか?」と

内心あせあせしてしまう。

それは、恋愛でも言えて、

妙に緊張してしまう人を好きになって、その人の前ではガチガチになってしまうことがたまにある。

一方、まったく緊張もせず素で接してゲラゲラ笑っていられる「好きな人」もいる。

つまりは、

その人との波長の問題なんだと思う。

で、若いころはともかく、

これからいっしょにいるなら、

やっぱり肩に力が入らないで済む相性の人、

素でいても受け入れてくれると思える人がいい。

逆に。

どんなに素敵で理想だとしても、

あまりにその人といると緊張しすぎるなら、

相性が悪いのか、あまりに異質だからこそ惹かれているのか、と考えてしまう。

私は、

恋に、根本的な無理や我慢は禁物だと思っていて。

(思いやりや気遣いは別として)

若いころはすべてに不慣れだから、男性のそばにいるだけで緊張したりするかもしれないけど、

さすがに30も過ぎれば、

緊張ばかりする男、

背伸びしたり、無理しないと付き合って行けない男性は、

何かが違うんじゃないかと思ってしまう。

無理を無理と思わないように考えを変えることもできるし、

自分のスタンス一つですっかり世界が変わることもあるけど。

どうも食い合わせが悪いとか、

すんなり自分の素が受け入れられないとしたら、

もっかい考えてもいいんじゃないかと思う。

「ホントにこの人なのかな?」と。

この人だ!と思うのはある種の思い込みかもしれない。

この人で終わりだったらいいな。

この人が理想だな。

そう思いたい気持ちは分かる。

でも、

どうも相性が悪く、何をどう変えてもうまくハマらないときは、

「神様の言う通り。」

何かが、本当にかみ合ってないんだと思う。

そして、そう思うことで、いったん執着が解けるから。

そうすると楽になれる。

苦しいのは、

「自分の力で」「何としなきゃ」と思うから。

「自分の力では」「何をしてもどうにもならない」と分かれば、

自分を責めたり、今何かを動かさなきゃ、という焦りは消える。

そう、この世は、

自分の思うままに動くものでもない。

唯一できることは、つねに、

自分の心が何者の奴隷にもならないこと。

自分の魂だけは自由であること。

選ばれることを待つのでなく。

自分が選ぶ、という意識を持つこと。

自分に好ましくない状況なら、

その恋を選ばない、という選択があるんだよってこと。

私は恋の執着の奴隷にはなりたくない。

相手を恨んで、

相手に対して我慢して、想いを凝らして、

煮詰まるような恋をしたくない。

自分の大事な人生を、

誰かへの想いだけで塗りつぶしたくはない。

私が求めるものは、

つねに自由なふたつの魂が、

お互いに尊重し合い、寄り添うこと。支え合い、そして自らの人生を選び取ること。

それが受け入れられる人以外、

私はおそらく選ばないと思う。

恋は私に、苦しみを運んできます。

悔しさと、妄執と、切なさを運んできます。

それでも、

私は自分の心を自由にしておきたい。

できるだけ、

心を、恋の奴隷にしたくない。

少なくとも、いつもどこかで相手のことをおもいやれる余裕を持っていたい。

分からない。

そうはいっても、きれいごとかも。

また恋の業火に放り込まれて、

苦しんで転がり回るかもしれないけど。

でも、少なくとも。

恋が私を殺さないよう。

私は私であることを手放さないよう。

それを祈っているのです。

いつも、いつも。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. くきこ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    更新、待ってました(笑)
    今回の内容も、私の心にガツンと届きました。
    私も、私自身を見失わないよう、恋を楽しんでいきたいです。

  2. 小心者 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今回も深いですね。。
    合っているかいないのか、とても悩むとこです。
    すぐ投げるのはよくないけれど、我慢をして相性から目を反らすのはもっとよくないということでしょうか。その境界線が難しいのかもしれませんね。
    次回も楽しみにしてます!

  3. めぐ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「彼に気を使うこと」=「思いやり」という図式を
    間違っているとは思わないけれど
    場合によっては、合っているわけでもないんですね…
    元来、他人に気を配ってしまう性分なのか
    彼に対してもそうあってしまいます。
    それが私の性質ならそれでいいのだろうけれど
    一度、「本当にそれが自分らしいのか」と
    客観的に見つめ直してみようと思いました。
    部長さん、ありがとうございます。

  4. prudence より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私が今、苦しんで執着をきろうとしているときに、ピツタリのタイミングで記事を拝読。
    頭では解っていても、どうしても「恋の自家中毒」になってしまいますよね。
    自分の魂と心の解放ですね!

  5. ぱたち より:

    SECRET: 0
    PASS:
    常に魂は自由でいたいですね。
    恋をすると、つい相手に合わせすぎたり気張りすぎたりしちゃいがちだけど。
    妄執や不安に捕らわれず、健やかにいたいと思います。
    部長さんの記事を読むと、そう思わせてくれるので今(ふられたのに片思い中…)の私はほんと更新の度に洗われてます!
    寒いのでどうぞご自愛下さい☆

  6. tomo より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「選ばれることを待つのでなく。
    自分が選ぶ、という意識を持つこと。」
    と言う部長さんの暖かい想いに
    今日は とても励まされています。
    私の場合は
    付き合い始めた頃に
    最初に彼が
    「必ず迎えにいくから待って」
    と言ってくれてから
    現在2年6か月になります。
    彼から連絡がない間も
    彼を想い応援していますが
    待って時間が経ってゆく間
    相手も自分も
    置かれている状況は常に
    変化していることを想うと
    部長さんが教えて下さっている
    「その恋を選ぶか選ばないか
    という選択がある」
    の言葉から
    私達の心が自由でいることの
    大切さに気が付きます。
    大切な人を想い応援している間
    もし自分の心と体が
    元気なくなったりしたら
    いつでも休みたい時は休んで
    無理しなくて大丈夫
    なのかもしれないですよね。
    いつも
    恋愛の執着から解放されていて
    まず自分が自由の中で
    笑顔で過ごすこと
    ができたら嬉しいですね。
    心の悩みも
    極力大きくならない
    気がします。
    「自由」から
    心の中に
    余裕が生まれて
    相手に対しても
    穏やかに接することが
    少しずつ
    できるかもしれないですよね。
    「ふたつの魂が、
    お互いに尊重し合い、寄り添うこと。支え合い、そして自らの人生を選び取ること。」
    部長さんの恋愛に対する
    奥深い想い一つ一つが
    とても素敵で尊敬しています。
    恋愛に対する
    そのままの部長さんの
    大切な想いを
    一生懸命 心を込めて
    ブログを通して
    私達にそっと
    伝えてくれているからです。
    私も心の中で静かに
    相手を想い応援する日々を
    過ごす中で
    部長さんの暖かい想いを
    これからもそっと想い起こして
    彼から連絡が来ない間
    自由な想いで過ごすことを
    少しずつ実行してみたいです。
    長文を読んで下さり
    ありがとうございます。
    部長さんの
    大切な恋愛と
    暖かい想いのブログを
    心から応援しています。

  7. 絢子 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    またコメントさせていただきます。
    この記事も読んでやっと以前の普通の感じに(自分の)
    戻りそうです。
    本当にありがとうございます。
    息ができなかった私に息をさせていただき。
    連絡ない!ということに執着しがちですしまだ彼のひととなりもわからない。果てには付き合ってないのかも。
    でも 彼の基準 わからないし、
    決めつけもよくない…等々、「恋に殺される」前に 、手放して緊張からも放たれたいです。