スポンサーリンク

どうしても彼に固執してしまう時

彼氏であっても好きな人であっても。はたまた元カレであっても。

女子のものすごい恋愛集中力で、どーっと迫ってうまく行く関係は

古今東西どこにもない。

何が一番かって、

女子のほうが余裕かまして多少つめたいくらいで、

男子がせっせと口説きつめること。

小野小町と深草の中将の時代から。(;´Д`)

なので、私はつねに、

自分の集中しがちが性格を、なんとかしてそらす工夫をし、

そのコントロール力だけで(ほんと、これだけで!)

恋愛をなんとかうまくやってきたわけですが。

彼にばかり集中して

苦しくて、でもどうしても彼しかいない。

彼しか見えない。

彼じゃなきゃ駄目なの!

彼がいいの。

彼しかいらないの!

いまそんな固執モードに入っちゃってる人がいるとしたら、

声を大にして言いたい。

その固執こそが!

彼をあなたから遠ざけてるんだよ!!

マジで。

男はどんな時代もどんな性格でも、

やっぱり、追いかけられるよりは追いかけたい。

いや男子だけじゃなく女子もそうかもね。

がーっと病的に思われて、その気持ちに返す人なんかいないわけですよ。

病的はこわいですよ。

私だって、病的なほど想ってくれる人は怖いし、

ノーサンキュー。

ココだけの話女友達でもそういう人がいると、

やっぱりほのかに怖い。

できるだけ、お互い自立していたい。

あまりに自分だけを世界の中心にしないでほしい。

少し距離を置きたい。

人間て、あまりに至近距離に他人が入ってくると

本能的によけたくなるんだよね。

自分が近づいたんでない限り。

で、要するに、

好きな男をあまりに集中して思い詰めるな。

病的に想うな。

彼だけになるな、と

何度も言ってますが、

そんなの無理!だって想ってしまうもの!という女子も多いと思います。

そんなときにぜひ考えてほしいのがこの発想。

すごくつらい恋。

彼を想うと苦しい。

だったらさ。

彼でなく、別のまったく新しい男だったら、

この苦しいつらい思いとはまったく無縁の幸せを得られるのかも!?と思ってみない?

私はそういう風に思うとふっと執着が切れる。

「こんなに苦しい、めんどくさい想いは、彼が相手だからであって。

もしも、新しいもっと素直で、私を好きになるような人(しかも好み)と出会えば、

まったくストレスなくうまく行くかもしれないよ?

そしたらもうこの男につまづいて苦しむことは金輪際まったくないってことだよね!?」

そう思うと客観的になって、自分がいかに理不尽な苦しみを負ってるか、

まざまざと分かるわけです。

それと同時に、自分に対する誇りも戻ってくる。

「別に、彼じゃなきゃ死ぬわけじゃない。

私のよさが分からない男なんて、大した男じゃないのかもよ?」って。

私も大概卑屈になってしまって、

「私なんて・・」とか自虐的な冗談を言ってしまいがちだけど、

本当は。

「いま、よりによってこの私が余ってるなんて次会う男は超ラッキー。

だって、私と付き合えるんだもの!」って考えると、心がスッと落ちつく。

女子をキラキラに見せるのは、この、根拠ない自信なのよ。(爆)

私が過去見てきた結婚女子は、

別に美人じゃなくても、性格が完ぺきでなくても、

とにかく図々しいくらいに根拠ない自信でキラキラしてた。

不倫とかしちゃう子は、つねに弱い動物みたいなびくびく、悲しい感じがするんだけど、

結婚をズバッと決める子は、ほぼ100%、

自分に底抜けの自信があり、

男に対してびくつくところのない子だった。

粘着、彼だけにどっぷりな女より、

気儘で自分のこと優先で、ほっとくと何するかわからないような子。

そのイメージを自分の中でしっかり持ち、

彼が自分を追いかけている姿をハッキリ思い描くこと。

それが思い描けないような相手は結局駄目になる。

極論ですけど、それくらいでいたほうがいい。

ホントはさ、

彼じゃなきゃいけない客観的な事実はないの。

だって、男が本気になってない関係の先に、結婚は決してないもの。

結婚して幸せになりたいなら、

自分に惚れてる男を選ばないとね。

だましてすかして結婚しても、先が続かないよ。

(私の男友達にはそういう人がいっぱいいる)

だからさ。

とにかく心を開放して、

リラックスするには発想を変えようよ。

彼が自分で好きだと言ってこないなら、こっちから攻めても結果はいっしょだよ、とか。

彼でさえなければもっともっと傷つかずに済む、うまくいく人が未来に控えてるのかもよ?とか。

自分が落ちつく、自信を取り戻せるように、

自分で心をコントロールするのって大事だと思う。

結局人間は発想でできている。

どんなに見た目がよかろうが、

心の中が弱く、びくびくし、相手の顔色をうかがうようだと、

結局そのような扱いしか受けられないものなんだよね。

だからさ、

まずは自分が固執してる状態から抜け出しましょうよ。

そんでもって、気儘でいられるくらい、

他にも好きな人を作ろう。

「もしかして俺を好きなの?」ってドキドキさせられるくらい。

こっちが落ちついていられるよう。

いろんな発想をチェンジしていくべきだと思うんだな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. なー より:

    SECRET: 0
    PASS:
    部室に「遠距離の彼と復縁したい」で書き込みしました、なーです。
    もっと以前に部長さんのブログに出会っていたら…と自分の言動を反省しつつ、
    別れた後も、「忙しい男」や「失恋」など何度も記事を読み直して勉強しています。
    今でも彼との復縁を毎日願っています。
    しかし同時に、最近は知人に紹介話を頂いて今度会う予定だったり、新しく始めた趣味の場で
    男性に声をかけられたり(アプローチといえるレベルではありませんが)など、少しずつ前向きに過ごせるようになりました。
    まだ気持ちの浮き沈みや落ち込むこともありますが…。
    彼から連絡がない限り、やはり復縁はないと思っています。(しかも「追いかけられるとダメ」ともハッキリ言われましたし。)
    でも心の中で強く願うぶんは構わないですよね?
    彼だけに固執せず、彼以外の男性に目を向けつつも、彼との復縁を祈る毎日です。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    もっと早く
    このブログを知ってたら…
    何か変わったかも(TT)
    今更遅いので
    次の機会には
    活かしたい(-^□^-)

  3. Yuki より:

    SECRET: 0
    PASS:
    初コメントさせていただきます。
    今回の内容は、現在の私にはピッタリな内容でした…
    最早、重いことにあぐらをかいているというか…(汗)
    執着し過ぎています。
    部長さんのブログでいつも気づかされています。
    今、別れも距離をおくのも決められないらしく、考えさせてくれと告げられて3週間目を迎えている現在。
    蛇の生殺し状態です。
    フェードアウト男ではありませんようにと祈りながら、部長さんのブログを読み返して冷静になるようにしています。。
    自分の予定を次の人を見つけた方が幸せかもしれないと思うのですが、次の人っているのかな?と思うとやはり彼への執着が増しています…
    あ、ここで根拠のない自信が必要になるんですね!(笑)
    辛くてどうしようもないとき、部長さんのブログで気持ちが楽になりました。ありがとうございます!

  4. けぃか より:

    SECRET: 0
    PASS:
    執着から解放されたとき、すごい軽くなりました。私は、不倫をしちゃうような自信なし子でした。あまりに辛くて身も心もおかしくなりました。このままじゃいけない、と発想の転換を試みました。部長さんの言うとおり、自分に根拠のない自信を持ちました。「私の良さが分からないなんて、たいした男じゃない。浮気するような男ろくなもんじゃない。」そうして、私は私の時間を満たしていきました。執着してたのが嘘みたいに彼のこと考えなくなりました。そして、今、私の横にはその彼がいます。男は追われると逃げるのは事実ですね。

  5. のりのり より:

    SECRET: 0
    PASS:
    また彼に固執をしている時にこの記事に出会えました!神様ありがとうo(^▽^)o
    部長と同じ私もアラフォーです!
    頑張りますよ!

  6. なな より:

    SECRET: 0
    PASS:
    気持ちが滅入っている今の状況を打破したくて来ちゃいました(ノ_-。)
    一点集中から気持ちを開放させて発想を転換させる。
    その心の持ちようで生活も仕事も人間関係全てがチェンジできるように思います。
    次の記事のアップ心待ちにしています。。。

  7. なこ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私も今どうしても彼に固執してしまいます。
    でもそれって男の人にとっては魅力的ではないですよね。
    男性は狩りをするものだというし。
    キラキラして自分のことをしてる子のほうが魅力的だと改めて思いました。
    がんばります!

  8. まいく より:

    SECRET: 0
    PASS:
    検索から飛んできました。
    今の自分の状況そのもので読んでて涙が出てきました。次の一歩を踏み出すために背中を押してもらえた気がします。